プリウス

 急遽出張に行くことになり移動中に電話が掛かってきました。どうやら入荷は10月に入ってからのようです。北日本から先なのでしょうか。検索するとブリヂストンの最新スタッドレス「BLIZZAK REVO GZ」を試すという記事が出てきたりします。京都で本格的に凍り付くのは10月末以降になると思うので何とかREGNOを保たせることにしました。というわけで、オイル交換だけ先に予約。

プリウス

 ジャッキアップする手間を一度で済ませるためオイル交換と同時にタイヤを交換してもらおうと思いディーラーにREVO GZの見積もりを依頼しました。ところが、まだブツがいつ市場に出荷されてくるか分からないとの事でブリヂストンに問い合わせてもらうことに。
 今から新しい夏タイヤに変えても数ヶ月でスタッドレスになるので微妙。現在使用しているREGNO GR-9000の減りが私の予想よりも早く、サイドの溝が無くなってきているので9月中に交換したいです。広告ではREVO GZは9月1日発売になっていますけどGR-9000リピートが先になるかも。

Prius ODD Meter 69643km.

プリウス

 mixiでマイミクさんの車検の日記を見てそういえば8月でプリウスの半年点検だったと思い出しました。案内ハガキが7月に来ていたのですが忘れていました。
 昼ごはんを食べてからプリウスに乗ったのですが暑い。むちゃくちゃ暑い。京都トヨペットまで10分位しか掛からないのでエアコンをつけるのももったいないし窓全開で我慢。パワーウィンドウのスイッチを叩いたらロックのボタンも押してしまい運転席以外開く途中で止まり一瞬壊れた?と思いました。
 この前オイルを交換したばかりなので今日は点検のみです。
 点検結果は良好で先日ローテーションして後ろに回したタイヤが減ってきている点を再度指摘されました。前(4.5mm)後(3.0mm)で結構差があります。スタッドレスに替えるまで保って欲しいですが少し早めにした方がよさそうです。
 それと、ヘッドライトのカバーが白くなってきていていたのをサービスで磨いてもらえました。おかげで大分透明度がアップしました。カバーは透明な樹脂製なので細かい傷に加え青空駐車場での直射日光やハロゲン灯の熱で焼けてきたらしい。レーザーディスクと同じくアクリル樹脂か?

Prius ODD Meter 65992km.

プリウス

 少しだけ仕事を進めに会社へ行き、帰りに整備上がりのプリウスをチェックするために名田庄へ。途中豪雨に見舞われたものの短時間で止みました。

 日曜といえど夕飯時で非常に静か。村営ホテルのレストランも2組ぐらいしか入ってない。帰ろうかと思ったら…営業時間が終わった売店前に見慣れないポスターが。

 何じゃこりゃ?ついに名田庄村まで萌えキャラを使ってでも商売モード(???)。検索してみると丹後ぶらりバイク旅 後編というブログが引っかかり5月には既にあり、貼りだし位置が変わっているようです。
 何度か前を通っているのですけどこれまで気づきませんでした。ライダーさん達がターゲット?
 ゆず羊羹はどんなか分かりませんけど確かに気にはなります…。というか、少女マンガチックな絵がやたら気合い入ってるんですけど…。
 個人的には何度か買ったことがある自然薯そば(なま)がお勧めです。

プリウス

 平日に設定された数少ない休日。午前中は銀行周りなどをして午後から京都トヨペットへプリウスの整備へ行きました。
 オイル交換、ガラスコート(フロントのみ)、タイヤローテーション、エアコンフィルター交換をお願いしました。タイヤ(REGNO GR-9000)が思ったより早く減っているようで溝が残り3.2mmでした。来年スタッドレスから替えるときに新しくした方が良さそうです。スタッドレスも新しくする予定でBLIZZAK REVO GZが9月に新発売らしいので検討します。
 ガラスコートは半年経ったためか効果がかなり落ちていたようです。帰路にぽつぽつ降ってきた雨が面白いように滑っていくようになりました。エアコンのフィルターは杉花粉をこれでもかというぐらい吸っているハズなので交換。
 タイヤのローテーションは以前のGT-3ほど変わらない(REGNOの方が均等に摩耗する)のですが今期は保って欲しいのと前後で負荷がかなり違うため依頼。大きくハンドルを切ったときに若干食いつきが良くなった気がします。
 待ち時間にZVW30の展示車をじっくり見ました。気になったのが運転席と助手席の間のアームレスト部分の収納ボックスのフタがマークXのようなスライドと開閉の二段階になっている点です。これは個人的には無駄で下手な高級感に凝るよりガバッとただ開くだけの方が使いやすいと思います。あと、シフトレバーがNHW20同様にどのレンジに入っているのかはレバーの位置では分からない(原点に戻る)タイプで通常のMT,AT車のようにレバーが選択しているレンジで固定される方が扱いやすいです。そもそもレバーに重量感が無くてちゃちい。
あと、ボンネット内もチェックしましたがクーラント液がモーターとエンジンで独立したようなのとエンジン自体が大きいので重量だけでなくオイル量等の維持費がNHW20よりも上がりそうです。燃費改善分でキャンセルできるのか微妙。新規に発見したプラス面はタイヤとボディの間が広くなっているようでチェーンの取り付け外しの作業性が良くなり雪で詰まる可能性は低くなると思います。最低地上高は微妙に低い気はしますが実用上は問題ないレベルか。
 整備が終わって請求書を見たら思ったよりも高くて買い換えよりも整備に資金を使うべきだと思いました。一瞬、値上げかと思いましたが今年に入ってからは同じです(値下げも無い)。
 ZVW30のサイズでも大きいと思うので広告が郵便で届いたLEXUS HS250hは検討対象外。

 Prius ODD Meter 64888km.

プリウス

 4月頃にお花見の話が上がったとき、私がプリウスを買った当初ちょこちょこ行っていた吉野山の案も上がったのですけど時間等の都合から結局京都市内になりました。それでも何となく気になったので2年ぶり(2007年6月に宇陀の帰りに寄ったのが最後)に行ってみました。高速で遠出すること自体が久々で1000円の割引が始まってからは初です。
 往路のR169の看板に世界遺産のロゴが追加された位でそれほど雰囲気は変わらずシーズンオフなので閑散としていました。ナビを使っていても交差点が非常に分かりにくく何度か迷いました。普段走っている京都府北部や福井とは違い山岳地帯で窓を開けて走っていてもひんやり感が無く温かかったです。

 「古道 芋峠」の看板はどうやら4年前のまま(2005年5月に初めて通ったときに撮った写真と比べてもペンキが若干あせただけ)のようです。反対側の高取山国有林の看板は以前は無かったような気がしますがもう覚えていません。芋峠の北側では道路に苔が生えていて湿気が多いようです。ロードで下るときは滑らないよう気をつける必要があります。

 帰路の高速は渋滞が心配でしたけれども少し混んでいた程度でした。名神は茨木のあたりで対向側が事故があったのか完全に止まっていました。
 はてなブログに複数枚の写真を載せる場合、Fotolifeと連動させる必要があるため少し面倒です。

Prius ODD Meter 64322km.

プリウス

 今年も京都トヨペットの大感謝祭ということでBOXティッシュをゲットしに行ってきました。ついでに簡単な整備もお願いしました。
2ヶ月間タイヤ空気圧ほったらかし
  前後2.0bar→指定圧2.3/2.2barに回復(サービス)
虫アタックを受けまくり雪が降っているわけでもないのに消費が激しいW/W液補充
  トヨタ純正洗剤1本(有料)+水道水
 展示されていた新型プリウスZVW30の実車を見てカタログをもらいました。ナビがトヨタ共通サイズ(DIN?)になったのが大きいかも。これまでのメーカーオプションに加えてディーラーオプションでも色々選べます。実車を見た正直な感想としては今乗っているNHW20と比べると思ったよりも変わっているようで変わってない。荷台が予想よりも狭いのはガッカリ。目分量では天井が少し高くなったくらいでNHW20同様にロード2台は後部座席に1台置かないときつそうです。
 平日に休みが取れたら試乗してみます。そんなこんなでNHW20積算走行距離63000km突破。

プリウス

 ロードで遠出できるほど体力は回復せずプリウスで走ってきました。


 とある方面から日吉ダムでのイベント情報を聞いていたので周山街道から分岐して日吉へ。日付を間違ったか至って平和なBBQをしている家族連れだらけでした。特にそれっぽい車も無く…。ふらふらっと一周回って日課の名田庄へと北上。
 オートバイの数は例年並みで4月末の方が多かったかもしれません。深見峠周辺では自転車部の高校生が合宿をしていたのかチーム走行で若い連中が 5つぐらいの集団で走っていました。時間的にも京都市街へ戻るのはつらいので泊まりで来ているようです。チームジャージ等は無かったのでどこのチームか分かりませんでした。こっちもロードなら併走して聞き出せるんですけど…車からでは無理です。
 入社以来初の超大型連休となったわけなのですけど特に予定も入れずダラダラ過ごして終わりました。明日からボチボチ仕事に復帰します。コンスタントに周山街道を走って一週間で1000km以上走れたのが収穫でしょうか。

プリウス

 ここのところイベントやら「連休前までに!」という仕事が多くてプリウスにすらあまり乗れない状態でした。ODDメータが59800km付近で足踏み状態だったのですが二日連続で名田庄へ往復して突破しました。
 REGNOも替えてからまだ1000km走っていないため食いつきの良さに驚くことがたまにあります。こういう高性能タイヤが滑ったときが恐ろしく高性能タイヤ付きの新車をいきなり買ったメンバーが結構事故を起こしているので注意したいです。
 最近、マツダスピードアクセラを購入した後輩がいてほんの少しだけ乗せてもらったのですけど最初っからPOTENZAを装備していてLSD付き。曲がるときもFFっぽい感じがあまりせずガツンと良く走る感じがしました。乗り心地を犠牲にしている恐ろしく食いつくタイヤとサスです。凍結やハイドロで滑り出したら対処できるか逆に心配になります。個人的な印象としてはシートの座り心地が非常に良くて静粛性や乗り心地を考えたらREGNOの方が合うかもしれません。一方で、6MTというのと1765mm(NHW20: 1725mm, ZVW30: 1745mm)という幅広ボディはぱっと見でマイナスです。

Prius ODD Meter 60016km.

プリウス

 気温が急上昇したのとスタッドレスタイヤの摩耗が進み雨天では前輪が滑り出したのでタイヤ交換とオイル交換をしました。前回オイルフィルタの交換を忘れていたので1万km近くぶりの交換になりました。
 摩耗が進んだブリザックと比べてまだ新品のレグノの方があからさまに走行音が静かになり操縦性も格段に良くなりました。レグノの方が横滑りや左右のブレがずっと少なく、直進時もブレーキの微調整がしやすいです。
 オイル交換はいつもよりも早い3600kmぶりぐらいでしたがフィルタを替えた以外にも冬場は速度が出ていなくてもバッテリの出力低下や暖房の熱源としてエンジンが良く回るので交換後に音が静かになりました。
 あと、新型プリウス(ZVW30)の営業があり、先行販売のパンフレットをいただくと共にスタッフマニュアルを見せてもらいました。気になるのは今乗っているNHW20と同じSグレードで車幅が+20mmと重量が+90kgという点。高級化、大型化して燃費を含めて性能は上がっている(それで値段据え置き!と強調された)ようなのですけど私が置いている駐車場や周辺の住宅地の道路が狭いため取り回しの悪化は気になります。地味に良くなっている点では「低温時の廃熱利用による燃費改善」と「リヤブレーキのディスク化」です。
 残念なのが宣伝されていた太陽電池パネルが走行用バッテリの充電には使えず車内の換気用という快適装備だった点と操舵角によってヘッドライトの向きを変える配光可変型前照灯システム(インテリジェントAFS)が無い点です。
 カタログだけで既に注文を出されている方もいるようですけれども私は少なくとも乗り心地(サスペンションのセッティング)や内装、荷室の積載量などを実車で確認しなければ注文は出せないので具体的な値段等の話はしませんでした。
 何よりも今のNHW20が好調で気に入っているため手放すのが惜し過ぎるため新型が良くても乗り換える気はしません。どちらかというと2.0L以上の燃費が悪い車に乗っている方に受けそうです。

Prius ODD Meter 59093km.