プリウス

 助手席前にある発炎筒ホルダーに換気用のファンを引っ掛けて走行中に転がらないようにしていました。降りるときにファンを外そうとしたところ発炎筒も外れてしまい直すために発炎筒を見たところ有効期限が2018年4月の1年以上前に切れていました。予備の発炎筒も出してみたところもっと前の2017年10月でした。
放置していた古い発炎筒*2本
 京都トヨペットさんに電話して急遽2本とも交換しました。これで有効期限は当分先の2023年6月となりました。新品は印刷の表示が変わったのと従来品と比べてフタが固くなっているようです。また、車検時のみ期限を確認しているらしく半年点検ではノーチェックとのことです。さらに、発炎筒については載せていれば有効期限が過ぎていても車検自体は通せるらしく交換は必須ではないようです。多少の期限切れでも使えるとは思いますし必要な状況にならないようにするべきなのであまり気にしていません。
新品2本
 私の過走行プリウスは普通の車両よりも使う可能性がはるかに高いためなるべく期限切れ前後に交換したいと思います。

エレクトロニクス

 このサイトで使用しているWordPress用のテーマLuxeritasの3.6.7をスキップして3.6.8へアップデートしました。詳細は開発元の軽い機能拡張と内部調整など Luxeritas 3.6.8(https://thk.kanzae.net/dev/wp-themes/luxeritas/t11359/)を参照してください。

 あと、画像の alt 属性の書き方(https://thk.kanzae.net/net/itc/t11199/)ですけど、このサイトでは画像のalt属性は意図的に削除しているため悪い例です。自動で入るalt=””だけでは無駄ですし、誰が読むのかわからないalt属性を考える暇があったら本文を考えます。画像は付録・補足という位置づけです。以前も書きましたけどこのサイトは検索ロボット向けではありません。

エレクトロニクス

 3.6.5を飛ばして3.6.6へアップデートしました。ブロックエディタをいじっている暇は無いのですけど細かい不具合修正も含んでいるようなので予防的に週一ぐらいではアップデートするようにします。

 3.6.6の詳細は開発元の縦書きブロック追加とブロック入れ子機能追加 Luxeritas 3.6.6(https://thk.kanzae.net/dev/wp-themes/luxeritas/t11029/)を参照してください。

 縦書きとか書式にこだわる余裕も無いです。というか、また下書きが溜まってきています。

エレクトロニクス

 新しい端末を購入したときの恒例です。同じ場所に立ったまま足を動かさず2台で比較写真を撮ってみました。ZE520はいつもどおり白飛び気味です。SHF32は結構独特な色補正でしたけど、この2台の色は似ています。

KYF39,3264x2448pixel,ISO-32,1/276sec,4mm f/2.4

Zenfone3,4656x2620pixel,ISO-50,1/197sec,4mm f/2
解像度はどちらも十分あると思います。ただし、なぜかKYF39は4:3で16:9だと3648×2048が必要、または3264×1840で上下を切ることになります。KYF39の難点はフルサイズの画像を取り出すのが少し面倒なようです。SHF32では添付されていたバックアップソフトが見当たりません。あくまでもKYF39は通話用端末なのでカメラを使うことはほとんど無いとは思います。

エレクトロニクス

 6月は非常に忙しく間が空きました。約一ヶ月ぶりに3.5.12から3.6.0, 3.6.1, 3.6.2(アップデート注意), 3.6.2.1, 3.6.3, 3.6.3.1を飛ばして3.6.4(アップデート注意)にアップデートしました。私は未だにテキストエディタでHTMLタグを手入力しているためブロックエディタに非対応です。

 最新版の詳細は開発元のアコーディオンブロック追加 Luxeritas 3.6.4(アップデート注意)(https://thk.kanzae.net/dev/wp-themes/luxeritas/t10922/)を参照してください。

 3.6.4で注意すべき変更となったLuxeritas の p タグの上下マージン幅についてはこのサイトでは大きな影響はなさそうです。