プリウス

 本当は先週行う予定にしていたプリウスの12ヶ月点検に京都トヨペットへ。スマイルパスポートでフロントのワイパーラバーは左右共に交換してもらいました。その他前払い済み点検では増し締めとブレーキ調整、エンジンエアフィルタ清掃。雪や氷の上を走ったので振動がかなり大きく掛かってゆるんだ可能性が高いです。
 有料で依頼した整備はガラスコート4面、エアコンクリーンコート、タイヤローテーションです。ガラスはフロントのみ半年ぶりで残りは1年ぶりで雪やら泥やらでかなり汚れていました。この作業には時間が掛かるとのことで車を預けていったん帰宅しました。エアコンは微妙にカビ臭い事があったので1年ぶりに清掃。あと、スタッドレスタイヤ(BLIZZAK REVO1)は前にばかり負荷を掛けている気がしているので入れ替えをお願いしました。増し締めの効果もあってか直進安定性や操舵性がかなり良くなりました。スタッドレスの方が夏タイヤよりも偏摩耗しやすいようです。

Prius ODD Meter 53435km.

雑誌レビュー

 週刊誌のためレビューを書くのも結構忙しいです。一月最後の26日号は「カネ詰まり列島 2月危機を回避せよ」との見出し。株式市場の「3月危機」は聞いたことがありますし年度末なので資金が動くとは思うのですが今年は2月らしい。あまり記事では触れられていませんが借り入れが多く自己資金が苦しい企業ほど危機的状況になりやすいはずです。昨年までは資金を貯め込んでいると「金余り企業」とか言われてぶっ叩かれていた状況が正反対になっています。
 企業紹介はホンダ、ヤマグチと松井ニット技研。ホンダさんは新型インサイトでプリウスを追撃するようです。しかし、いくら車本体のできが良くてもアフターサービスや実用性が低ければこれまで通り状況は変わらないと思います。値段で勝負しようとしているあたり本気でトヨタに追いつくつもりなのか怪しい気がします。ぶっちゃけハイブリッド乗っている人は値段で選んでいない可能性が高いと分かっていながら仕掛けるのでしょうか?。残り2社は規模は小さくとも稼働率が高そうな(社員は忙しそうな)会社です。
 そろそろダレてきたかと思いきやネタが尽きない「敗軍の将、兵を語る」。今回はジーエスユアサコーポレーションの社長さん。JRの線路沿いに巨大な工場がある京都企業。粉飾の詳細は知らなかったのですが本体ではなく子会社の照明部門のさらに2人だけの営業所がやらかしたらしい。しかも、実質的に書類偽造だけで。書類だけで監査するリスクはあちこちにあるのではないでしょうか。

エレクトロニクス

 半年ほどアップデートは無かったのですけれども電子メールにてアップデートするよう通知が来ました。内容は「OCNドットフォン光」用050IP電話対応機器の新ソフトウェアの提供について に書いてあるとおり249日間連続してVE-TA10を稼働させていると3分でIP電話が切れてしまうというもの。掃除の時などに外していたので半年以上も連続して動かしたことはなさそうですが念のためアップデートしました。OCNのWebには受話器からアップデートする方法が記載されていますがメンテナンスポートからブラウザでアクセスしてアップデートすることも可能です。

雑誌レビュー

 週末に届いたものの体調を崩していたため水曜になって読んでます。「新技術創世」ということで研究開発のお話。特集のテーマ自体はいいのですけど内容がケンブリッジに行ったり韓国行ったり、愛媛だったりでいまいち絞り込めていないのが残念です。せっかくなのだからUK関連で絞り込んで欲しかったです。ユーロファイタータイフーンとかロールスロイスとか最近だとルーサイトとかも記事になるネタがゴロゴロありそうなものですけど。
 企業紹介は日本電産、ワコールホールディングス、メトロール。京都企業が2社エントリー。Nidecの社長さんと九頭竜大社の縁が京都らしい。
 あと、ミズノとアシックスのジョギングシューズの紹介記事が突発的に載っていて商品名が「ウエーブ ライダー12」とか「ゲルカヤノ15」はいったいなんだか分からないネーミングです。末尾の数字はバージョンナンバー?

プリウス

 京都トヨペットから案内のハガキが届いていた新春イベントのトイレットペーパー(18ロール!)の受け取りついでに雪の上を走ったことでかなり消費したウィンドウオッシャ液を補充してもらいました。
 今回はなぜか伝票に補充液の品番が出ていたので検索してみるとトヨタ純正カーケア用品らしい。希釈しなければ-50℃まで凍結しないようなのでよほど薄めない限り京都で凍結する可能性は無いと思います。
 昨日は雪による倒木のためR162が深見峠と堀越峠で通行止めになったようですが今日は解除されたようです。

コミックス

 これもいつの間にか発売されていました。なんだか絵は不安定ですけどストーリーは良くなってきた感じです。特別版も出ていたようですけどさすがに既に売り切れ。残っていたら驚きですがたまーにCD等で発売からXヶ月も経っているのに初回限定版が届いたりすることも…。

雑誌レビュー

 雑誌レビュー記事はマンガなどでよく見かけますが私が購読している日経ビジネスに気が向いたらコメントしてみます。というか製品情報とか気になるのがあってもどの号だったか忘れてしまうのでメモ程度に。
 昨日届いた2009.1.12版は見出しが「人材ガラパゴス」ということで期待したのですが内容は日本人サラリーマンの問題点指摘で現状は分かるのですけど解決方法の提言がイマイチでこの記事自体がかなり日本的だと思いました。せっかくなのですから取材先に語らせるいつものパターンを変えてみては?責任取りたくないですか?
 企業紹介はセイコーエプソン、キタムラ、トライウイン。まぁまぁ。
 前号から始まった消防飛行艇US-2(Wikipedia) 開発ストーリーは久々に面白そうな連載です。それ以前はトヨタの社史でしたが前半は結構面白かったのですがいまいちになってきた連載終盤で次なる危機に突入してしまいました。

エレクトロニクス

 viならば瞬殺できるもののWindowsのエディタ(サクラエディタ)では空行を削除する方法よく分からないのでgoogleで検索したところsakura editor BBSから抜粋というページがあり正規表現で^[\r\n]+から無入力に置換することで削除できることが分かりました。なんだか回りくどいような気もしますが人に頼むときはこの方法が楽かも。秀丸エディタでも正規表現にチェックを付ければ使えます。秀丸(HMJRE.DLL)では^\nでもヒットするのにサクラエディタ(bregonig.dll)は^[\r\n]+でないとヒットしないあたりややこしい。

エレクトロニクス

 表記の通り今年も予約注文入れました。ATOKとShurikenのバージョンアップが主な目的です。JUST PDFもたまに使っているかな。

プリウス


 おもむろにプリウスで周山初走行。京都市内は社寺とJUSCO周辺を除いて思ったよりも空いています。毎年恒例?で一人名田庄へ。美山までは往来が多いため路面も濡れている程度で凍結は少なく九鬼が坂北側あたりから路面が白くなっていました。
 福井側はさすがに北陸だけあって京都側と比べ雪が多いのと車を停めているとどんどん積もってくるのでさっさと引き上げました。売店が4日からの営業というのもあって相変わらず人の気配がありません。タイヤや車の下回りはドロッドロになりました。
 1枚目の写真は昨年の大雪の時の3枚目逆方向(京都から小浜側)です。新しいデジカメNikon P50で以前より雰囲気がより多く取り込めていると思います。
 しょうもないですが2年前からある「ボタン鍋」の看板は今も健在のようです。2枚目の写真村営ホテル玄関前にちっこく写ってます。