エレクトロニクス

 朝の出勤途中に歩いていていきなり揺れだし揺れてからSHF32とZE520KLの緊急地震速報が鳴りました。出勤して少し落ち着いてから高槻の辺りが震源と聞いて驚きました。
 SHF32はauのVoLTE SIMが入っていてこれまで何度も緊急速報メールを受け取っています。ただ、今回SIMカード無し(MR05LNとBluetoooth接続)でこれまで一度もETWSが鳴ったことが無いZenfone3 ZE520KLも動いたことであれ?と思いました。少し落ち着いてから画面を見たところ以下の2つが表示されました。多くの方が書かれている通り、両方とも揺れる前には届きませんでした。


Android8へのアップデートで追加された機能のようです。しかし、今回のような直下型では備える時間など無かったためあまり役に立ちません。
 早めに仕事を切り上げて念のためプリウスにガソリンを給油しました。帰ってから確認したところ、自分の部屋で目立った被害は無く机や棚の上の書類など軽いものが落ちたり引き出しが出た程度でした。引き出しや戸棚には対策が必要かもしれません。

 なんだかんだの対応で疲れました。とりあえず、私は無事です。

エレクトロニクス

 寝る前にZE520KLを見たところまたまたアップデートのお知らせが表示されていたので作業を行いました。

タイトルに表示しているソフトウェア情報→ビルド番号最後が61(6/4アップデート)から62_0に変わっただけのようです。

WiFi周りの変更らしいですけど具体的に何がどう変わったのかまでは分かりません。更新前でも普通にWiFiで使っていました。

エレクトロニクス

 このサイトへ移行するにあたって非常に重要な要素だったWordPress用テーマLuxeritasのアップデートを行いました。詳細は開発元のLuxeritas 3.1.3 色々パワーアップ(7月までにアップデート推奨)(https://thk.kanzae.net/dev/wp-themes/luxeritas/t9465/)を参照してください。

 たぶん、このサイトがLuxeritasを利用しているサイトのうちで最大数の記事(1400+)と画像データ(2000+)を公開しているのではないか?と思います。ちらほら、このサイトのデータ量を見て変わったのではないかな??と思うところもありますけど詳細を追っている時間もありません。

 いかんせん、移行に手間取り過ぎでまだサムネイルの調整などがまだまだできていません(OCN時代の画像データ発掘は後回しです)。古い記事を表示させようとした時にブラウザが引っかかるような挙動をするのはサーバやテーマの問題ではなくほぼ高解像度画像(3〜6MB)を転送ないしデコードしているためと思います。一部例外を除いて新しい記事から順番に対応していますのでしばらくお待ち下さい。縦横やトリミングなどの影響で画素数がバラバラのため、一括処理が困難となっています。

 追記)勢いでテーマのアップデートを行いましたがアップデート後からGoogle Analyticsのデータが取れなくなっていました。今のうちにサムネイルなどを直してしまえ!と思ったのは単なる思い込みでした。子テーマもアップデートしたため子テーマの編集→アクセス解析(head)の中身がクリアされてAnalyticsのトラッキングコード(グローバル サイトタグ(gtag.js)というやつ)が消えていたようです。まぁ、レンタルサーバに移行したおかげでアクセス解析など無くてもnginxのログを見れば分かるのですけど、ログにはあってAnalyticsに出ないのは気になりました。

 更に追記)子テーマは通常アップデート不要だそうです。あと、私は乱暴(SEO無視)に適当なテーマに切り替えてテーマのアップデート作業を行っていましたけど、ちゃんとLuxeritas アップデート用テーマ(https://thk.kanzae.net/wp/update/)というのが用意されていました。子テーマのアップデートまでは無理なようですけど、思っていたよりもサポートが手厚いです。インストールはしたものの実際に使うのは次アップデートになるので備忘録として追記しておきます。

雑誌レビュー

 帰宅したところ「日経ビジネス・ダイアリー」に関する重要なお知らせです。という封書が届いていました。最初はまた記載ミス(いつだったかシールが送られてきたことがあります)かと思ったら違いました。内容はタイトルの通り2018年版をもって発行終了とのことです。決まり文句で”諸般の事情により”としか書いてありませんけど販売数量が低迷していた可能性が高いです。

 2008年から毎年日経ビジネスダイアリーのポケット判のみを購入していまいた。現在使っている2018年版がちょうど11冊目になります。残念ですけどこの機会にメモやスケジュール帳のデジタル化に再度挑戦しようかと思います。しかし、このサイトの移行すらままならないなか厳しいです。

 後日追記)以下の写真の通り調べたところ2018年版は11冊目でした。本文を訂正しました。

エレクトロニクス

 予告通り、関西電力の値下げに対抗して7/1より大ガス電気(面倒なので以下この表記にします)も値下げのお知らせが届きました。注目の値下げ幅は約4.6%とのことです。たぶんチラシをそのままアップしただけの概要が以下のPDFです。
値下げのお知らせ(PDF)(http://home.osakagas.co.jp/electricity/common/pdf/electricityKV.pdf)
 プランごとの割引率などもう少し詳しい内容が以下のプレスリリースに書かれています。これも印刷して配布が前提でしょうか。
プレスリリース(PDF)(http://home.osakagas.co.jp/electricity/common/pdf/electricityKV2.pdf)
 これにより関電よりも安い料金が維持できるそうです。関電側の割引体系がぱっとみただけではいまいち分かりませんでしたので具体的にどれだけ差が出るのかは不明ですけど少しでも安くなるのは助かります。少なくとも、資料やWebは大ガスのほうが見やすいと思いました。

 追記)私の契約は大ガス電気の家庭用ベースプランA-Gなので4.6%引きです。使用量はPCというかGPUの稼働率によって大きく変わりますけど関電と比べて年間1万円近い差が付く計算になります。上記資料の370kWh/月は生活だけなら少し多い(戸建てで空調が電気の想定?)のではないかと思いますけどGPU全力稼働(GTX1070*3, 0.2kW*3*24h*30days=432kWh、稼働率90%で388.8kWh)に対しては少なすぎます。

プリウス

 車の通行が減った夜の国道上に鹿がウロウロしているのは珍しくもないのですけど、確認のためドラレコのデータを引き上げてきたので貼っておきます。現在使用しているドライブマンGP-1はその前の720Sに比べて暗い場所での写りはかなり良くなっています。それでもヘッドライトの光が反射している標識の文字や道路端に設置してある自販機の種類(たぶん飲み物)まではこの画像からは読み取り困難です。
こっちを向きました。
路肩方向に大急ぎで逃げていきました。
林の中まではよく見えませんでしたけどこの子鹿一頭だけとは考えにくくまだいると思います。

プリウス

 今一つな天気の帰り道、私が運転するプリウスの目の前を悠然とトンビが横切っていきました。帰ってからドラレコ(ドライブマンGP-1、1080p設定)のデータを見ると下の画像のようにくっきりと写っていました。前を走る車や沿線の民家などが写り込んでいたため白く塗りつぶしています。それにしても、電線よりも低い低空飛行でした。

少し気になったのでトンビとワシの見分け方について調べてたところ尾羽根がバチ状になっているのがトンビのようです。最初バチというのを読んで打楽器(和太鼓とかドラムなど)をイメージして合わない?と思いましたけど、この場合は三味線など弦楽器用のバチを指すようです。上の画像はこの特徴がハッキリと読み取れます。個人的にはバチというよりむしろ座敷ほうきのようにも見えます。

記録時間を増やしたりSDXCカードの負荷を減らすため、GP-1の記録解像度を下げたので画質の低下も心配していましたけどこの分ならば問題無さそうです。

エレクトロニクス

本来はスクリプトを作って一発変換のほうが楽なのですけど、手作業した場合の手順をメモしておきます。

XSERVERからaccess_logをダウンロードしてサクラエディタで開く
ctrl-rで文字列置換のメニューを出す
正規表現のチェックが入っているのを確認
置換前の文字列に”^kadono.xsrv.jp “(最後に空白U+0020一文字)と入力
置換後の文字列は空欄のまま(下の画像参照)
alt-bで全行の先頭1カラムが黄色でハイライト(選択)されることを確認
問題なければalt-aで文字列置換(先頭カラム削除)を実行
IPアドレスの数字が先頭のカラムになったことを確認してログファイルをセーブ

httpdに付属のlogresolveが使えるマシンへ処理したファイルを転送
logresolve < kadono.xsrv.jp.access_log > resolv.log
などでDNSを引いてFQDNへ変換、変換出力ファイルを確認

 上記の変換無しでいきなりlogresolveを実行しても先頭カラムが仮想ホスト名のため期待する結果は得られませんでした。Windows版のlogresolve.exeも存在するようですけど作業量を考えるとスクリプト一つの方が楽ではないかと思います。

プリウス

なぜか解像度が最大(1296P/2304)に設定されていたため土日分のデータ引き上げに失敗しました。SDXCカードが壊れた訳ではなく本体の設定が変わっていただけのようです。
設定を黄色でハイライトされているFullHD(1080p) 27.5fpsへ変更しました。2016年11月(https://kadono.xsrv.jp/2016/11/12/3302)のGP-1取り付けからこれまでの運用実績からはこの設定で十分ではないかと思っています。

それほど重要なデータが入っていた訳ではない(毎月の撮れているか?チェックとSDXCのローテが主目的)のでデータは諦めて設定を直しました。他に意図せず変わっている項目がないか探しましたが解像度だけのようです。いろいろ追跡した結果、ドライブマンGP-1ファームウェアバージョンアップV1307(https://kadono.xsrv.jp/2017/11/16/3586)からの可能性が高そうです。作業後の確認漏れ。半年近く放置状態で保管用HDD(IronWolf 10TB)の空き容量が逼迫していました。

エレクトロニクス

本日朝にアップデートの通知が表示されていましたけどMR05LNのBluetooth接続では遅すぎて400MB以上もダウンロードできないため放置していました。帰ってから自宅のWiFi+VDSL回線経由で更新作業を行いました。

更新直前までの連続稼働時間は583時間で約24日です。先月運転免許更新の講習受講時に電源を切ってから連続稼動していたようです。

更新内容は以下の通りでAndroid 8.0.0からの変更(8.1へ)はありませんでした。

普段使っているアプリケーションで特に変わったところは無さそうです。