未分類

 年末年始から忙しいのに加えて体調も悪く処理待ちタスクが溜まる一方です。一昨日だったか捺印(だけ)が必要な書類にハンコを押していて朱肉のインクが切れてきているのに気づいて急いで補充用インクを購入しました。
速乾シャチハタ朱肉30号、補充朱油OQN-28らしい。
 いつどこで購入したのかなど覚えていないので裏に書いてあった補充用品番を手がかりに注文しました。店頭に買いに行く暇ないですし品番がややこしいのでAmazon.co.jpで取り寄せました。シャチハタでも似た製品が複数あったと思いますけど、色々使ってみてこの速乾タイプが有利というか楽なのです。
届いたインクを補充します。
 朱肉でハンコがないとダメなどこがペーパーレス化なのか聞きたい書類がまだ多数…。しかも、うるさい書類は印影チェックで返ってきたり。

未分類

 今年もよろしくお願いいたします。
 昨年分の記事がまだ下書きばかりで後追いで更新する可能性が高いです。

未分類

 某USA製ディグリーザーの容器があまりに使いにくくボタボタ垂れたり、詰め替え用の液体洗剤の詰替作業に失敗して無駄にしたりしていた対策として購入しました。EBM、江部松商事(www.ebematsu.co.jp)というあまり聞き慣れない会社が販売している18-8ステンレス(SUS304:18Cr-8Ni非磁性)製のロートです。
手洗い用石鹸のつめかえ。
 上の写真のように詰替先のボトルが安定するタイプならば普通のロートでも問題ないのですけれども縦長だったり細い場合にコケてしまうことがありました。対策としてハンドルでボトルごと押さえつけることで詰替作業での損失で無駄にせずに利用できるようにしています。
 耐腐食性に優れたステンレス製なので一般的な洗剤で変形や変色することも無いですし丸洗いできるため使い勝手がいいです。ただ、電蝕や腐食性が高い液体に対してどうかは分かりません。金属洗浄剤はどちらかというと樹脂を侵すためプラスチック製よりはいいかと思います。
ちなみに取手はスポット溶接しているようです。
 曲面上に取手を取り付けるのは難しいようで微妙にずれているように見えますけど実用上は全く問題ないです。

未分類

 紙の端で指先を切ったのでバンドエイドを探したところ机の中から出てきたのが下の写真左側の品質保持期限2011.09の5年以上前に期限切れの箱でした。数枚だけ朽ちたバンドエイドが残っていたので新品が届くまで頻繁に張り替えて使い切りました。
旧型・新型比較(バーコードの番号が同じことから同一商品)、品質保持期限
新パッケージ。
 平日で薬局で探すのも面倒だったので他の商品と一緒にアマゾンで発注して届いたのが上の写真右側。大きくは変わっていませんけど、パッケージデザインの他、寸法・形状が微妙に違うようです。

未分類

 今年もよろしくお願いいたします。
 今年も年賀状をくださった方へは遅くなっても返信を出します。しばらくお待ちください。今年の返信はインク代節約で既製品年賀ハガキにCROSS Classic Century+MITSUBISHI PENCIL SK-8でのボールペン書きです。ボールペンのインクまでコストダウン中。
 昨年も書きましたが、住所録の保存を止め過去のハガキは全てシュレッダーで処分しているためいただいた年賀状に記載の住所にだけ返信可能です。

未分類

 普段使っているシャープペンシルがあまりにボロくなったため約4年で取り替えることにしました。グリップ部分のゴムが変色かつ変形して軸本体に密着しなくなり、塗装は剥げ落ち、クリップの飾りはどこかへ無くなりました。
中央上側が4年間で劣化した状態、中央下側が新品。並べてみるとぺんてる党?
耐久性は今一つですが軽量で使い勝手は良いためリピートしてみました。生産が継続している点は評価します。
新品当時。

未分類

 クラシックセンチュリーで標準のクロス ボールペン替芯 M 8513 ブラックを使っていましたが一時期(2012年頃?)から三菱鉛筆が互換性があるSK-8という替え芯が販売されているようでリプレースすることにしました。これで日(芯)米(軸の設計・ブランド)中(軸の製造)合作仕様です。
上が三菱鉛筆SK-8、下CROSS純正8513。
 純正インクの不満点は出始めがイマイチ(余白で暖機が必要)、高価(700円/本ぐらい、SK-8は約3本買える)、取り扱い店舗が少ない(最近はAmazonで買えます)というところです。しばらくSK-8に変えた状態で使ってみましたが書き始めのストレスがほとんどなくなりました。一方で書いている間のインクの流れ方が若干悪いようでCROSS特有の流れるように書けるゲルインクペンに近い書き味が普通のSA-7のようになってしまいます。特別感はやはり純正の方が上かもしれません。が、実用上はSK-8で問題なさそうです。
 また、若干SK-8の方が短いですがクラシックセンチュリーでは問題なく使えています。CROSSでも別の種類ではうまく使えないペンもあるようなので交換する場合は調べてから交換した方がいいかもしれません。Amazon.co.jpのレビューでクラシックセンチュリーは使用可能報告があったため私はリスク無しでした。
未だに複写伝票などで油性ボールペンが有利なことが多いです。
 どちらかというと煩わしいのが書留・特定記録郵便や宅急便の伝票書で相変わらずカーボン紙になっているためある程度太さがある油性ボールペンで強く書かなければ複写が読めなかったり読みにくくなってしまいます。この用途に水性インクは論外で汗や雨で一発で流れるため使えません。
CROSSの替え芯にも同品番で何種類かあるようです。
 また、手持ちの替え芯を見たところCROSS純正同士でも軸のマークが異なる製品があるようです。あと、SK-8のパッケージはブリスターやポリ袋では無く上の写真のような透明な樹脂製のホルダーに入った状態で販売されていますのでまだ使える純正芯はこれに入れ替えて保存することが可能です。
 三菱鉛筆でも既に廃番の旧SA-7は長期間(>5年位?)未開封で置いていると書けなくなっていたことがありましたが最近のSA-7NやSK-8の世代では問題無いと思います。というか、期待したいです。CROSS純正は書き始め以外長期保存性は良好だと思います。

未分類

 10年以上酷使した上クリップを破壊しクリップが無いクリップボードを持ち歩いていたのですがいい加減買い替えました。たしか東京(or横浜)で買った記憶があるのですが同品番(LIHIT LAB. A-977)は廃盤で購入できずタケダ事務機の店頭でほぼ同等品(ヨハ-H78B)を確認して購入しました。
クリップ部分が破壊したため買い替え。
LIHIT LAB. A-977ロック機構無しの廃盤、クリップ部分が欠けました。
A-977は日本製、ヨハ-H78Bは中国製。
 機能的には開いたままロックできるようになっただけで大差はありません。耐久性がどうかはこれから評価します。

未分類

どうにも先日の私の計算方法(税込価格*(1-割引率))ではWebで表示されいる価格表と最下位桁で1円の誤差が生じるため理由を問い合わせてみました。約半日でヤマト運輸のサービスセンターから回答がありました(回答文面は転載禁止なので計算方法だけ表現を変えます)。

Web掲示の宅急便コンパクト価格表は税込み価格かつ当然といえば当然ですけど消費税(8%)は割引対象外なので通常料金594円は594/1.08=550円が税抜き価格。宅急便コンパクトの税抜き価格での料金は594円は550円、648円は600円、702円は650円、756円は700円というように50円毎で設定されています。

したがって、税抜550円の宛先かつクロネコメンバー割BIG(-15%)の場合は(550-round(550*0.15))*1.08-150=354.36で四捨五入で354円、普通のメンバー割(-10%)は(550-round(550*0.1))*1.08-150=384.6を四捨五入で385円となります。割引額を四捨五入で丸めてから消費税を加算しているところがミソです。税込み価格に0.85や0.9を乗じただけでは顧客側に有利な最初の丸めが反映されず最大1円の誤差を生じます。

分かってしまえば大したことは無いのですけど非線形演算を逆算するのは難しいです。宅急便で年間100個以上を送受しているためたとえ端数でも気になります。

未分類

 ポイントでもらった宅急便コンパクト専用BOX(5枚入り/200ポイント)を使うチャンスが来たので使って発送してみました。最初の関門が専用BOXで思ったよりも全く入らない。文庫本でも6冊ぐらい1箱に入ればいいところか?分厚い新書や辞書などでは一冊しか入らない場合もありそう。そもそもA4不可。DVDだと標準的なペラペラパッケージで3枚ギリギリ。仕方が無いので古新聞で空きを埋めつつ3箱に分割して発送しました。結局アマゾンの空き箱1箱と同じぐらいの送料。
 営業所に持ち込んでややこしい割引を3つ適用。京都発倉敷行で基本料金は594円(関西発で関西・中部・北陸・中国地方宛ては全て同一料金のようです)。
クロネコメンバー割:クロネコメンバーズカードに5000円以上チャージして支払うと10%引き
デジタル割:営業所にあるネコピット(後述)で伝票を印刷して使用すると50円引き
持込割:営業所に発送する荷物を持ち込むと100円引き
 割引後(550-round(550*0.1))*1.08-150=384.6を四捨五入して385円*3個=1155円をチャージしたカードで支払いました。計算式については後日(3/7)ヤマト運輸に問い合わせて判明しました(宅急便コンパクト+クロネコメンバー割について問い合わせ(https://kadono.xsrv.jp/2016/03/07/)に詳細)。
発送した3箱
 クロネコメンバー割と持込割は比較的分かりやすいのですが問題はデジタル割です。自宅近くの営業所にはネコピットが店頭に一台しか無いため前の方が使い終わるのを待つ必要がありました。また、発送先住所を登録しておいたのですんなり入力できるかと思ったら、相手先が法人で担当者名が分からない場合でも宛先に姓名が必須という仕様。どうしたらいいか聞いたところ「担当者様か何か入力してください。」と言われたので姓に担当者、名に様という謎伝票が完成。また、品名欄も書籍を選ぶとCDやDVDを選べずこれも聞いたところ「自由入力で入れてください。」ということで本・DVDと入力。やれやれ。書類+DVD-Rという場合もはまりそうです。
 心配だったので受け取り確認メールを設定しておいたところ翌朝に3個とも無事届いた模様です。破損指摘もないためとりあえず問題なかったようです。が、継続して使いたいかと言われると小さすぎる専用資材必須とコンビニ不可(クロネコメンバー割・デジタル割未対応)、料金があまり安くないという点で微妙すぎます。今回もアマゾンXM03一箱にまとめて送った方が楽だったような…。