BLIZZAK REVO GZその後(3000km)


 ようやく朝晩は気温が10℃を下回るようになってきてスタッドレスが威力を発揮できるようになってきたと思います。先月つけた新品のREVO GZに容赦なく負荷を掛けていますが思ったよりも保つようです(写真は少し前に撮った物ですので最近はもう少し減っているはず)。元々REVO1と比べて固い気がしていましたが耐摩耗性が改善しているようです。まぁ、最近はスタッドレスに関しては今期限りで使い捨て、来期はまた新品調達でもいいような気がしてます。今期中でも片減りは心配なので5000km程度走ったあたりでローテーションする予定です。
 REVO GZについては初期の印象と変わらず直線の加速、減速はいいですし直線路ではハンドルを押さえなくても真っ直ぐ走り続ける(当たり前のようで意外にズレます)ので楽です。ただし、カーブでの不安定感も相変わらずで大分慣れた&ホイールにも馴染んだはずなのですけど速度が出ている状態でハンドルを切ると吹っ飛ぶ傾向があるようです。REVO1もそうでしたが雨天時に横グリップが無くなる傾向が顕著だと思います。一般道の制限速度の範囲では大丈夫そうではあります。しかし、実際の流れはかなり速いので安全について行くためには乾燥路であってもカーブ手前の直線区間のうちにブレーキを掛ける必要があります。これで何が問題かというと急に野生動物が飛び出してくるような減速が間に合わない時に対応が非常に難しくなりタイヤの性能に物を言わせた対応ができません。迷惑を掛けない範囲で車速を落とすぐらいしか対応策が思いつきません。一方でゆっくり走っていると土日の夕方以降は帰路を急ぐ車が無理な追い越しを仕掛けてくるので難しいところです。

Prius ODD Meter 76768km.