グリル塞ぎ2014

 2014年冬版のグリル塞ぎ状態を上手く撮れましたので載せます。年末年始休暇でもう少しまとめたかったのですが全くできず。
2014A版
下側の基本は2013版(タイラップ4本)より下図2012Aに近くナンバープレート下のスリット形状と上下での傾斜角だけ2014Aでは変えています。どちらかというと上側の塞ぎ方の影響が非常に大きくまだ決定版はできていません。模索中です。
 ようやくVisio2007で入力した図面です。
下側2012A図面
材料は”アクリサンデー PPクラフトシート(ポリプロピレン) 黒 L(565×980) 0.75ミリ (PS-3 L 0.75)”を使用しています。幅980mmはこの材料のものです。ポリプロピレンの耐候性(気温-10~40℃ぐらいで実績有り)、耐薬品性能(主に対塩化ナトリウム・塩化カルシウム)、耐熱性能に問題は無さそうです。つるつるの面を前面に出して雪や汚れをはじくところがミソです。
 部材費や加工、洗車機での確認の手間(完全に塞いでしまうと凍結防止剤を水で洗い流せない)なども掛かっていますのでスタッドレスを一季で履き潰すぐらいの過走行車以外には不要と思います。

Prius ODD Meter 327600km.