OBSERVE GARIT GIZ氷雪上走行

 新スタッドレスGARIT GIZで800km程度走って本格的な氷雪路を走る機会が訪れました。
近況、さむい。
相変わらず酷いフェンダーへの着氷。
反対側も着氷、要対策。
 確かに摩耗したGARIT G5と比べてマシにはなっていそうですけど走りが変わるか?と聞かれたらそれは無さそう。要するに値上げしたら買わないレベル。乾燥路ではそれなりに横グリップが良くなっていましたが凍結路面ではあまり変わらない気がします。あと、ブレーキペダルの踏みはじめは効いているようですけれど完全停止までにはそれなりに距離が必要です。
 いずれにしろ、過信できるような製品では全く無いので第255回:凍結路は恐るるに足らず!?
トーヨータイヤの新作「オブザーブ ガリットGIZ」を試す(http://www.webcg.net/articles/-/31273)
というような過度の期待を抱かせるような宣伝記事はいただけません。実際に凍結した公道は凸凹有り、勾配有り、事故車有り、野生動物飛び出し有りで危険です。宣伝のために安全が確保されたスケートリンク上でいくら良くなっていても安心できるものでは無いです。どんなタイヤを着けていても凍結した公道は恐れてください。
 広告と言えば東北地方でもブリザックのシェアが圧倒的なハズでこのタイヤをブリヂストンさんの宣伝風に書けば"装着率1%未満!工場地元住民に見放されたタイヤ"になってしまいます。東北や北海道で使ってもらえるようCMなど努力はしているようですが…。まぁ、ブランド力皆無のおかげで私は安く使わせていただいています。

Prius ODD Meter 324703km.