プリウス

 今回、龍神方面へ出かけた帰路に濃霧のR371を超え、高野町を通過してからそのまま阪和道へは向かわずR480の新道を通る欲張りなルートを設定して走ってきました。大幅改良が入った区間は新区間に入れば簡単に走れますので接続を間違えなければ問題ないと思います。R169同様に未改良区間とのギャップがひどいことになってきていますので未改良区間を走っている人には大幅に楽になったという実感があると思いますけどそうでなければまだきついかもしれません。
高野龍神スカイラインを登ります。
ドライブレコーダー・ドライブマンGP-1のデータを引き上げてみて驚いたのが霧でほとんど見えない状態だった状況が目視の印象よりよく撮れていた点です。路面に集中していたため森の様子まで見えていなかったのかもしれません。また、今日午前に交換したばかりの新品H4ハロゲンバルブ左右計2本から前に向かって伸びるロービームの線もくっきりと写っていました。
前方視界はさっぱりですが道路上のキロ表記ははっきり読めました。
落ち葉で白線が隠れている区間は減速して対応しました。
フォグランプを点灯した対向車。
こちらと同じハロゲンのみの対向車。
スカイラインは標高900〜1000mの高地を走るため霧というよりは雲の中を走っている感覚でした。悪天候を予想していたため今回は道の駅ごまさんスカイタワーには寄らず一気に橋本市まで走り抜けました。前回2014年にR371の狭隘路を登った時(https://kadono.xsrv.jp/2014/06/15/)にはR371が高野町市街を通っていたはず(手持ちのツーリングマップル2013年版はR371)ですが昨年末に市街地部分〜大門までは野迫川へ分岐していたr53に変更となったようです。検索したところ公報check(2016年12月後半) !大阪府/和歌山県道新規認定有り!(https://blogs.yahoo.co.jp/kasuga_3z/14172153.html)というページがヒットし最後の"和歌山県公報 H28/12/27 [和歌山県伊都郡高野町~かつらぎ町]"がこの区間の公報(平成28年の和歌山県告示1494〜1497号)になります。
GPSロガーと地理院地図での走行経路はR371高野山バイパスと一致。
帰ってから改めて読んだ「高野山道路」が開通し記念式典 和歌山(http://www.sankei.com/region/news/150329/rgn1503290013-n1.html)という記事の知事による挨拶中の言葉

仁坂知事は「高野山の静寂で気高い雰囲気が壊れないよう、通過するだけの人にはこの道を使ってもらいたい。大法会前に道が完成したことをお祝いしたい」とあいさつした

にあるとおり、これまで通過するだけというのは気が引けてほとんど通過すらしていませんでした(前回あえてR371狭隘区間で登ってスカイラインへ向かったのも渋滞や墓地、市街地を避ける意図もあり)。今回は建設の意図通りバイパスで通過させていただきました。
GPSロガーと地理院地図での鍋谷峠道路。(トンネル内は衛星からの電波が届かず、正確な位置が取得できないためズレます)
以下、ITSspotviewerの料金所通過記録よりR371,R480での高速代削減効果(岸和田-有田間)はおおよそ1210円でした。ただし、高野龍神スカイライン通過時の大きな標高差と霧による減速運転により高速よりも一般道での区間燃費が10%ほど悪化しています。一方で道のりが約205km対185kmで燃費悪化分を相殺しています。

往路高速代合計4260円(ITSspotviewer速報値)→3520円(クレジットカードへの請求確定額)
 (カード会社への請求時に対距離料金が反映され2740→2000円へ減額されました)
 上鳥羽→均一料金:310円 (確定額と一致)
  巨椋池本線→京田辺本線(下り):870円 (速報値)
 ☆巨椋池本線→門真JCT: 980円 (割引後確定額)
  京田辺本線(下り)→門真本線(合併):1120円 (速報値)
 ☆門真本線→松原JCT: 470円 (割引後確定額)
  堺→岸和田本線:750円 (速報値)
 ☆松原JCT→岸和田本線: 550円 (割引後確定額)
 岸和田本線→有田:1210円 (確定額と一致)
復路高速代合計2430円(ITSspotviewer速報値)→1950円(クレジットカードへの請求確定額)
  岸和田和泉→堺本線(上り):750円 (速報値)
 ☆岸和田和泉→松原JCT:550円 (割引後確定額)
  八尾本線→均一料金:750円 (速報値)
 ☆松原JCT→門真JCT:470円 (割引後確定額)
  門真JCT→京田辺本線(上り):460円
  京田辺本線→久御山南:470円
 ☆門真JCT→久御山南:930円 (割引後確定額)

本文中のリンク以外に参考にしたURL)
浪速国道事務所トップページ > 鍋谷峠道路(http://www.kkr.mlit.go.jp/naniwa/15/index.html)
“大阪と和歌山の壁”だった難道をバイパスする国道480号 鍋谷峠道路・父鬼バイパスが開通(https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1052854.html)
Prius ODD Meter 446095km.(帰着時)

プリウス

 朝一で京都トヨペット七条本店へ行きオイル、ヘッドランプバルブ(H4ハロゲン)、ワイパーブレードの交換を依頼しました。スタッドレスタイヤへの交換と時期が合わなかったため若干遅めになりましたが特に問題にならない程度と思います。ヘッドランプバルブは前回の交換(360873kmhttps://kadono.xsrv.jp/2015/10/25/)から84826km走り既にかなり暗くなってきていたため切れる前に交換しました。濃霧の中や氷雪上で切れると困るため実績と信頼性を考えLEDなどへの交換は考えていません。(ハロゲンランプから出る熱で氷雪が溶かせないと走行不能に陥るため)
近況。
2014年末購入(https://kadono.xsrv.jp/2014/11/29/)の冬用ワイパーブレードは前用のカバーが破れてボロボロになったため交換しました。PIAAグラファイトスノーブレードWG60W,WG38Wをそのままリピートです。
新ワイパー。
Prius ODD Meter 445699km.(入庫時)

プリウス

 先日V1305にアップデートしたばかりですがV1307がリリースされていましたので再度アップデートしました。

■V1307ファーム
変更点:SDの空き容量が足りない表示問題の対策。

V1307起動画面

プリウス

放置状態だったドライブマンGP-1のファームウェアをV1305へバージョンアップしました。
更新中。(バージョン表示は速すぎて撮れませんでした)
更新内容は白飛び対策のようです。(EV値はいじらずデフォルトのまま使っています)

「GP-1 V1305 露出レベルの微修正」
○v1301より露出を変更できるようになりましたが、EV内部値の段階をやや現行より暗く微修正しました。

以前使っていたドライブマン720Sと比べて暗い道での撮影能力はGP-1で圧倒的に良くなっています。ただし、走行中の対向車のナンバープレートが読めるかというとそこまでは無理のようです。停車中や街路灯で明るければ何とかというところでしょうか。電光掲示板に加えて反射材が使われている標識類はだいぶ読めるようになったと思います。
夜間の対向車(車体やバンパーの特徴から対向車が同型車ぽいと推定するのが精一杯です)
夕暮れ
路肩から飛び出してくる鹿などの野生動物を撮影するのもまだ厳しいです。ヘッドライトの照射範囲内だけ良く撮れます。明るすぎ→白飛び、暗すぎ→照明範囲外が潰れるとなかなか調整が難しいと思います。

プリウス

 昼過ぎに京都トヨペット七条本店へ。昨年末に購入して12114kmほど走った後に保管していたスタッドレスタイヤGARIT GIZ(3セット目P2N4015)へ取り替えました。昨年(11/19)と比べて早いのは一気に気温が下がってきたのと夏タイヤを温存してスタッドレスを削ったほうが良さそうと判断したためです。
スタッドレスタイヤ(GARIT GIZ P2N4015)
 スタッドレスとして使える限界のプラットフォームまで1万km走れるかどうか微妙です。仮に天候が悪化するようならば早めに新品へ交換するつもりです。夏タイヤ(乾燥・雨)としてはスリップサインまで十分に残っています。また昨年購入した時点で既に製造から1年経っていたためかトレッド面のゴムが予想よりも硬くなってきているため氷上でのグリップはやや不安です。ただ、毎年新品を買っている人の方が少ないと思いますので慣らせばマシになるかもしれません。ちなみに、このGARIT GIZは私のプリウスでスタッドレスタイヤとして通算10セット目、新車装着や夏タイヤも含めると22セット目のタイヤです。(外したBluEarth AE-01F YYY1317が23セット目)
近況。
昨日撮影の夏タイヤ(BluEarth AE-01F YYY1317)
 今年購入のBluEarth AE-01F製造週記号YYY1317は20990kmほど走って保管となりました。まだ1万km程度は走れそうです。
Prius ODD Meter 444108km.

プリウス

 諸般の事情により日曜夕方に京都トヨペット七条本店へ入庫しました。整備内容はいつもどおりです。そろそろスタッドレスタイヤへの交換を考える時期です。夏タイヤをローテーションするかどうか少し迷いましたが現在の気温ならばもう一ヶ月ぐらいは大丈夫(最低気温>10℃)そうかと思いました。
 あと、理由はお店の方もわからないそうですが、長いこと品番指定で取り寄せてもらっていたDENSOオイルフィルターSF-102が今回からかなりの値上げとなりました。純正相当と性能に関しては大差は無さそうなので次回の交換からは通常品に戻そうかと思います。
近況。カメラを持っていくのを忘れたので先週の写真です。
Prius ODD Meter 440434km.

プリウス

 運転席の窓枠部分から樹脂部品がちぎれて飛び出してきました。かなり前からドアパネル内でバラバラになっていたらしく破片の一部がドアガラスに引きずられて出てきたようです。運転していて風でバタついたりして目障りなので昨日午後京都トヨペット七条本店で見てもらい交換用の部品を手配していただき今日午後遅くに入庫して取替作業を依頼しました。
ドアベルトモールがちぎれて飛び出してきました。
助手席側は問題ありません。
 モールASSYの部品代は大して高くないのですが交換の手間がおもったよりも掛かるらしく作業時間(+工賃)が思ったよりもかかりました。ただ、豪雨や雪の中も走るため水切りの状態が悪いと視界に影響するので次のオイル交換まで入庫を先送りせず急ぎで単体整備にして良かったと思います。
Prius ODD Meter 438112km.

プリウス

 先週気温が下がってきたのでタイヤの空気圧を上げるため車載しているコンプレッサを降ろしたところホースが破断していました。余裕を見て少し長めに作ったため工具バッグ内で折れ曲がったらしく経年劣化(購入後約3年)もあってか使えませんでした。応急処置としてはガソリンスタンドで給油後に調整しましたが高速SA/PAなど任意の場所で調整できる強みが無くなってしまったため再度ホースを作り直すこととしました。
ホース破断
 破断したホースは安いの値段的にはリピートしても問題ないのですけど、約3年以内で再度ダメになるのでは再加工の手間が掛かって困る(面倒!)ためホース部分は既製品を購入することにしました。念のため、空気漏れは起こしていない金具部分も一式新品へ交換します。
新型部品一式、これに加えてシールテープが必要です。
 カタログをにらめっこしてエアゲージの補修部品として販売されている1/4″仕様のスペアホースと手持ちのコンプレッサにつながる組み合わせで注文しました。壊れた自作エアホース1号が約1mでしたが今度の既製品は600mm仕様で若干短くなっています。タイヤエアーチャックは以前と同じものをリピートしましたので使い勝手も変わりません。
自作?エアホース2号(新型)動作試験
 届いた部品を組み立てて(エア漏れを防ぐためのシールテープが必須です)動作試験を行ったところ問題なく300kPaまで上げることができました。コンプレッサを止めてしばらく放置しても漏れる気配がないためこの状態で車載します。コンプレッサ付属の空気圧ゲージは読みにくいのと精度が怪しいためざっくり高めまで入れてRCG-20で減圧しながら調整しています。
 車載することによる気温差、衝撃・振動に対する耐久性はこれから検証します。が、業務用でも使われている部品のようなので毎日酷使するわけでもなく以前のホースよりは保つことを期待します。

エレクトロニクス,プリウス

2年以上前の2015-04-08(https://kadono.xsrv.jp/2015/04/08/)に買い換える前のGWR101sdで2回補正して以来ほったらかしの係数が今でも合っているか土日両方で給油して検証しました。走行したのは3行程だけです。
GWR103sdのログ:51.8km (24.8km/l) 計算値 2.0887l、57.0km (29.7km/l) 計算値 21.9192l、0.6km (17.5km/l) 計算値 0.0343l
GWR103sdのログから計算した通算燃費:109.4km / 4.0422l = 27.0645km/l
同工程の満タン法: ODDメータ差分 436877-436772 = 105km、給油量 3.88l 計算値 105/2.88 = 27.0618km/l
 もっと酷い誤差が出るかと予想していましたけど 27.0645 / 27.0618 = 1.00009977163と0.01%程度で合っています。GWR103sdの方が若干ハッピー気味ではありますが消費油量も大きくなりうまく補正されています。
QZS-1利用中、左側にひまわり(MTSAT-1R PRN129)とQZS-2?
GWR103sdの受信状況を見ていて気になったのが緑色で002という見慣れない衛星が増えている点で6月打ち上げで試験/調整中のQZS-2でしょうか?ひまわり7号MTSAT-2はPRN137なので番号が違います。QZSSが4機体制になるのは来年度2018年4月からとアナウンスされているので試験電波を受信しているだけで当分QZS-2,3,4は見えていても測位には使用しない可能性が高い(MTSATはGWR101を購入直後から既に使用中)です。
 後日追記)信号待ちでなんとなく衛星のデータを見ていたらどうもQZS-2のデータも使っているようです。さすがにQZS-3はまだ信号を出していないと思いますが受信即利用のようです。
みちびき2号機と思われる002も捕捉
 さらに驚いたのがMTSAT-1R,2だけでなくInmarsat 3F4 AOR-Wから出ているPRN122の信号も掴むようです。
他SBAS(Inmarsat)も捕捉

プリウス

 通常6月頃に変えていた新しい地図ですが今年は荷物の山に埋もれていたため遅くなりました。先週末ぐらいに発掘はしていたのですがなんだかんだで遅くなりました。
2017年版の表紙は滋賀のメタセコイア並木のようです。