信濃橋入口で苦戦

 たまには大都会の景色でも。大阪中心部さらに道路的にほぼど真ん中を占める御堂筋(南行き一方通行)と四ツ橋筋(北向き一方通行)、さらにその両方をつなぐ中央大通東行に信濃橋入口があります。詳しくはGoogleマップなどで見てください。一見さんはたぶん地図を見ただけでははまると思います。
 今回は難波方面での所要のあと、京都へ帰るべく四ツ橋筋を右へ進路変更しながら西本町交差点で右折。
阪神高速に乗るには奥の車がいる側道への直接右折が必要。
 右折後に側道へ入ろうにもバリケードで入れず。
中央大通から高速入り口への側道へ入れず、やむなく周回。
御堂筋よりはなにわ筋の方が回りやすそうなので左折で側道へ。
側道からは左車線前のハイエースの場所で入り口に入れました。
古い入り口のはずで以前はすんなり入れた記憶が…。
 ETCで距離別料金になり微妙に値段は変わります。しかし、京都までの距離や梅田周辺の渋滞やら側道トラップ、車線を端から端まで進路変更する手間(短区間では難しい)を考えるとさっさと高速に乗るのも手かもしれません。ただし、阪神高速1号環状線は高速は高速で難易度が高く、本町出口のように右出入口+出てすぐ信号(しかも12号守口線から入ると左へ入ってくる車の間を縫いながら短区間で左端から右端まで進路変更が必要で無理だと環状線をもう一周かあきらめて他から出る)などもあり危険です。
 まぁ、思わぬ時間ロスもありましたけど、無事に帰れたので良しとします。