タイヤローテーション(R1R 7489km)、MT-10補充

 購入後3700kmでローテーションしたR1Rの前後摩耗差が再び大きくなってきたのでローテーションをお願いしました。溝の残量を見る限りたぶん、これで最後。スタッドレスに替えるには気温がまだ高いためもう少しだけR1Rで粘ります。
 あと、走行距離がだいぶ伸びてきてエンジン音も若干気になるので前回の注入時(2011年5月)から2.5万km走ってMT-10スーペリアを再度入れることにしました。取扱説明書によると注入後累計で(連続でなくてもいいらしい)100km程度走ると金属表面が改質されるとのこと。若干静かになったような気はしますけどこれでエンジンの寿命が延びるかどうかは不明です。走行用バッテリがくたばる気配がないためもしかすると先にエンジン交換となる可能性も出てきました。当然ながらNHW20の場合はバッテリよりもエンジンを交換する方がコストが掛かります。ざっと列挙してみると、

1NZ-FXEエンジン周り保守品(交換頻度は私の目安)
エンジンオイル純正(トヨタキヤッスル SN 0W-20)*1回/5000km
オイルフィルター(DENSO MF-102)*1個/オイル交換2回(10000km)
イリジウムタフプラグ(DENSO VK16)*4本/80000km
エアクリーナエレメント(DJ V9112-0033)*1個/半年(20000km前後)
ファンベルト純正*1本/2年(80000km前後)
トヨタ純正スーパーLLC*2系統/2年・車検毎(おおよそ100000km)
サーモスタット*1個/LLC交換2回(200000km)
ラジエーターキャップ(DENSO N-09)*1個/LLC交換2回(200000km)
フューエルポンプ+フューエルフィルター*1セット/5000L(11~12万km前後)
エキゾーストテールパイプASSY*1個(純正は13.8万kmで交換済、劣化状況による)
エンジンウォーターポンプ*1個(水漏れ発生時、20万km前後?)

となります。電動機でサポートすることにより内燃機関の寿命が伸ばすことができるかどうか?ゼロ発進の負荷やエンジンストールの懸念をほぼ皆無にできるので悪くは無いと思います。というか、私が1NZ-FEのMT車に乗っていたら16万km手前でブローさせていた可能性の方が高いかも。

後日追記)7年目17.2万kmでの車検整備結果からフューエルフィルターとフューエルポンプは5000L位で交換した方が良さそうなので追加しました。実績として燃料を8000L近くエンジン本体へ送り込んでも街乗りなら大差は出ませんでしたけど超シビアコンディションで保たせようと思ったら早めがいいかと。

Prius ODD Meter 163799km.(入庫時)