龍神へ

 R311通行止めの表示が高速の電光掲示板にでていたので龍神方面にまだ行っていないR424の未通行部分を走って見るべく阪和道みなべICからR424経由で龍神へ。この選択が後で驚くことに。
 島ノ瀬ダム付近はかなり狭く片側相互通行になっていない部分での離合は気を遣いました。狭隘路走行に慣れていなければ晴天の日中以外は厳しいと思います。帰ってから調べてみて国道424号線・2011年台風12号被害調査(http://jyakou.blog61.fc2.com/blog-entry-431.html)というブログにかなり詳しく書いてあるブログがありました。毎度行き当たりばったりで走るので読んでから行けばよかった…。
 特に厳しいのが以下の写真の区間です。デジカメを起動する余裕も無かったのでドライブレコーダーの動画から切り出した画像で紹介します。復旧工事の進捗や天候などにより迂回ルートや規制内容は変わると思いますので現地の案内係の方や看板の指示に従って通行する必要があります。GPSロガーを起動し忘れていてR424からしかログを取れていませんでした。晴れた昼間ならば通行に危険は無いと思いますけど元の国道が復旧するまで普通乗用車にはお勧めのルートではありません。
R424島ノ瀬ダム迂回路GPSログ
迂回路鉄板仮設区間入り口(1台ずつ通行の指示)
鉄板仮設区間上(正直R1Rでもかなり怖い)
 残念ながら道の駅龍神に着いたときには夜が更けて辺りは真っ暗で景色ゼロでした。これ以上進むのも危険で仕方なく折り返して帰りました。帰路は鉄板仮設路を折り返すコースを推奨するNV-SP200DTを無視してR424で道の駅水の郷日高 川龍游→しらまの里→阪和道有田ICというルートで帰りました。
 帰路紀ノ川SA上り線(NEXCO)で最後の休憩。ここから京都まで一気に走りきります。なかなかうまく写真が撮れないのですが遠方に見える夜景は和歌山市街方面です。SA紹介ページで門がお買い物の欄に紹介されているのは謎。
阪和道紀ノ川SA上り線、餞(はなむけ)の門
土日返上で復旧工事が進められたようで夕方の17時にはR311の通行止めは解除されたようです。

Prius ODD Meter 162855km.