修理工場へ、代車手配

 普段は持ち込みが割り引き条件のスマイルパスポートを使用しているため自分でトヨペットまで乗っていって入庫しています。しかし、今回は平日初っぱなで壊され週末に入庫していたらかなり遅くなりそうなので引き取りと代車の手配を依頼しました。代車については相手方保険会社の承認がおりZVW30(やはり!)を即日手配し引き取り時に営業さんが代わりに置いておいてくれるとのこと。
 仕事が終わって夜な夜な帰ってみると、ぴっかぴっかのZVW30 PRIUSが私の駐車スペースに止まっていました。時間が遅いので走行チェックは明日以降にして書類を調べてみるとNetz YASAKAが販売・整備しているレンタカー(法人向けっぽい)らしい。最も安いLグレードのDAA-ZVW30-AHXBB型でPLANT A42との表示から豊田市の堤工場から出荷され7月1日に登録されたばかりの新車。ODOメータもわずか2484km。車内には新車の匂いが残る…。

 レンタカーでの主な追加装備はカーナビClarion NXR09 (クラリオン製のカーナビは初で操作が分からない)、ETC(Clarionロゴ入り)、樹脂製ドアエッジモール、リヤハッチ内に三角板。タイヤはNHW20の新車時から使ったのと同じGOOD YEAR GT-3 185/65R15(ODOメータの距離から出荷時から未交換)。
 ここで思い出したのが青空駐車場で最近の天気と気温では日除け無しでは昼間に灼熱地獄化して土日の乗車がキツそうです。エアゲージやライトなど細々としたものをそのまま預けてしまった…。こういう場合でもガソリン満タン返却なのだろうか?まぁ、返す前に聞けばいいか。相手方保険会社からの電話で担当さんが「ご不便をおかけしますが…」と言っていた不便が何かようやく分かった…純正シートに純正ホイール、安タイヤ…。うーむ。