ブリヂストン レーシングエアゲージ ストレートチャック RCG-20


 先日、とあるイベントで車好きの方を乗せたときにエアゲージの話になり私が使っているブリヂストンのRCG-20を見せた時にここに載せてなかった事を思い出しました。TWSのホイールと一緒に撮った方が格好いいので写真を撮り直しました。ちなみに、TWS Airverdeは付属のバルブキャップまでもアルミのようで非常に軽量です。
 今年の1月、BLIZZAK REVO GZを摩耗で潰した時に購入したエアゲージです。通常の公道走行にはオーバースペックですがタイヤを潰すよりはずっと安いですし、安全面からも高精度で調整しておいた方がいいのでしっかりしたものを購入しました。自転車用のゲージも持っていますが小型で車用には使い勝手が悪く、夏場はともかく氷点下で使うのは厳しいものがあります。車用のホイールはバルブが外側を向いているのでストレートチャックの方が使いやすいと思います。チャックとメーターがホースで分かれている点も重要で減圧調整がしやすくできています。
 このRCG-20は軍手をしていても扱いやすく冬期でもバッチリ使えました。運転席のドアポケットに軍手と一緒に収まっています。私のプリウスを停めている駐車場は微妙に傾いているのか窪んでいるのか右後ろだけ空気圧が高くなる傾向があり、装着場所での偏摩耗を防ぐため週に何度かは出発前に空気圧を調整しています。TRANPATH MP4は購入時から調整をしていて4本同じように外側が先に摩耗したため空気圧ではカバーできない要因で寿命を縮めた模様です。ホイール軽量化とレカロシートによる運転精度向上でタイヤの寿命が延びるか?も興味があります。