TWS軽量鍛造ホイール、REGNO GR-9000へ交換



 写真をクリックして「オリジナルサイズを表示」で高解像度写真が見られます。DSC-TX5が電池切れで写真は7/11に撮り直しました。雨天のため写りはいまいちかも。
 夕方に京都トヨペットへ行き、TWS(TAN-EN-SHA WHEEL SUPPLY)の超軽量ホイール(私調べで現在プリウス用最軽量)
TWS Airverde CF for PRIUS e2 15″ 6.0J 5Hole PCD 100 Inset 45 4.06kg
へ交換しました。
 タイヤも同時にブリヂストンREGNO GR-9000 PSR02862 185/65 R15 88Hへ交換。純正ホイールとTRANPATH MP4は廃棄(ディーラーに引き取り依頼)しました。金曜朝から体調を崩していて病み上がりでゆるゆる100km走っただけですが後戻りする必要を全く感じません。
 タイヤを交換したメカの方も整備工場の中を移動しただけでもREGNOの方が静かなのが分かるとのことで摩耗したTRANPATH MP4よりもGR-9000の方が静音性は高いようです。乗り心地は超軽量ホイール(純正6.5kgに対し4.1kgで30%以上軽量化)で悪化するかと思いましたがREGNOのおかげか非常に良くなりました。直進安定性、操舵性も抜群です。ただし、昨年純正ホイールにGR-9000を付けていた時に感じた重量感は無くなりハンドルが軽くなった感じと若干ハンドルに細かい振動が伝わってくるようです。レカロシートへ替えたことも細かい動きがわかりやすくなっている一因かもしれません。
 燃費については100kmだけでは何とも比較できないのでもう少し走ってみて調べます。一般道、高速を問わずアップダウンが多い場所を走っているので軽量ホイールが効く可能性は十分あります。少なくとも一般的なタイヤよりも重いREGNOでの重量増をキャンセルしてくれると思います。
 走行性能以外でもぱっと見た感じでピカピカかつ繊細なホイールのデザイン、重厚なタイヤのデザインは高級感が出ています。TWSホイールのスポークは写真で見ると太そうに見えますが実際は10mmちょいでかなり細くブレーキがボロくなっているのがよく見えます。タイヤはカタログ上はリムガード無しでもある程度リムに向かってせり出していて少しはガードできるようになっています。この点もペラペラのTRANPATH MP4よりもいいと思います。
 今年に入って既に3セット目のタイヤ。そしてプリウス購入後初の同銘柄リピートです。

Prius ODD Meter 103585km.