運転席をRECARO SR-7へ交換


 先週には届いていたのものの整備工場の予約が取れず連休初日の朝一で交換してもらいました。急カーブを曲がるときに太ももの裏がずれたり肩が浮いたりで姿勢を保つのがきつく痛くなってきたので対策として色々探しました。その結果、足と脇腹、肩にサポートがありなおかつ頭部の視界が遮られないセミバケットシートRECARO SR-7 KK100ブラックにしました。交換作業はいつもの京都トヨペット七条本店です。正規ディーラーで引き受けてもらえるか若干不安はありましたけど値引き以外問題なしです。
 ちょこっと座っただけで直ぐに純正との違いが分かり、街中でゆっくり走っていても楽なのが分かります。腰と背中がぴったりくっつくのでポケットの携帯などが気にはなりますが運転は非常にしやすくなりました。というか、運転に適した姿勢以外取れません。純正シートでは左膝を立てたり左寄りに体をずらしたりしていたのですがこの手の悪癖は出せません。
 純粋に走るだけならフルバケットのSP-Gの方がいいかと思うのですけど本当にすっぽりはまって身動きが取れないため乗り降りも大変でとてもプリウスには向きそうに無いということでSR-7です。ある程度の時間走り続ける事が前提になりますが、ホールド性と実用性のバランスが取れていていいと思います。もっと街乗り向けになった乗り降りしやすくするため足の部分がフラットになったSR-7Fも座っては見ましたけど目的が足ズレ防止なので意味があまりなく付けるとしても助手席にします。

 NHW20プリウスを買ってから謎だった運転席のアシストグリップですがスポーツとコンフォートの融合、レカロSR-7を装着というサイトをみてようやくバケットシートの乗り降りで使う(!?)というのに気づきました。私が問題かと思ったのは値段(!)と乗り降りぐらいでカムイのブラックは写真の通り地味な色ですし、ロゴが目立つくらい。後方視界は車両自体が元々悪くミラーとモニタも普段から併用しているため気になりません。ポジションが変わったのでミラーの調整をした程度です。シートの色的にはブルーのメッシュにしたかったのですけど、メッシュの生地は肌触りが冷たく夏場は良くても厳冬期にはきつそうなのでやめました。
 シートを変えて200kmばかし走ってみてこれまで座っていた純正シートがどれだけダメか痛感しました。車種を問わずRECAROに変えた多くのレビューで書かれていますけどなんでもっと早く変えなかったのかと思いました。純正は誰でも乗れるように作ってあるためか誰にも完全には合わないようです。一方でSR-7は私には合いましたが合わない人もいると思います。なんだかロードレーサーのサドル選びのようですがずっと影響が大きく高価なので大変です。
 あと、外した純正シートを引き取ったのですけどリフターが付いているためか予想外に重くて仕舞うにも一苦労でした。軽量化、一人乗り時のバランス改善にもなっていると思います。
 後日訂正追記:SR-7も結構重くレール無し14kgらしいです。純正シートの重さをレール付きで体重計で測ったところ18kg程度でした。この程度の軽量化では走行への影響はほとんど無さそうです。

Prius ODD Meter 95826km.