ホイールバランスウエイト脱落防止テープ貼り付け

 ホイールを純正スチールへ変えることにした要因の一つにバランスウエイトの脱落が何度か発生し一個も回収できなかった事があります。一度は昨年末名神の追い越しを走っていて右前からいきなりガラガラと音がして床下に響いて何か外れ?たかと思い最寄りのICで下りて料金所の空き地に停め点検して見つからず走行にも支障が無いためしばらく国道を走ってから高速に復帰して帰りました。後日ディーラーで点検してもらって車体には異常が見つからず、ホイールのウエイトの可能性が高いとなりました。
 タイヤの違いなどにも鈍感な私は数10gのウエイトが剥がれても高速安定性がいまいちかな?空気圧か?と思った程度でタイヤを微妙に偏摩耗させながら走っていました。
 後から考えてみると、フロントガラスを交換する羽目になった”飛び石”はこの手の路上に落ちていたウエイトを先行車両が蹴り上げて当たった可能性があるかもと思いました。当時は銀色のネジか何か金属体に見えましたが高速道路上にボルトが落ちているのも不自然で可能性としてはウエイトの方が高いかと思います。
 何度もタイヤを組み替えてバランスを取り直しウエイトを貼り替えていくとしまいには両面テープの跡で上手く貼り付かなくなります。スチールホイールならば多少表面をテープの残骸ごと削ってもさび止めさえしておけば問題にならないと思いますが超軽量鍛造アルミでは難しくホイール自体の寿命となってしまいました。外部からのダメージで歪んでウエイトが増えると一気にダメになります。
TWS AirVerdeに付いているバランスウエイト
 ただ、現実問題として現在保有する残り6枚のアルミ鍛造ホイール全てを一度に廃棄するのも経済的に厳しいため比較的ウエイトが少なく蓄積ダメージが小さいと思われるホイールに対してはウエイトの上からシートを貼ってしばらくは使う予定です。順次スチールへ入替予定(少なくとも夏タイヤ用で購入した残り2枚は今のBluEarth AE-01Fが最後)。
バランスウエイト上に脱落防止テープ貼り付け
 参考にさせてもらったみんカラの記事バランスウエイト脱落防止(http://minkara.carview.co.jp/userid/829121/car/699768/1972944/note.aspx)では百均のテープを使用と書いてありましたが強度を考えてNITOMS J3030アルミガラスクロステープ厚さ0.26mm x 幅38mm x 長さ10mを購入して使いました。この手の金属テープは指を切る恐れがあるので貼り付け作業にはグローブが必要です。

Prius ODD Meter 315747km.