紅葉2013

 桜の花と同様に撮影困難なのが紅葉。今日は悪天候で人が少なかったとはいえ国道沿いは観光客がうろうろして危険なので人がいないマニアックな場所(一応右京区)で停めてTG-2 f/2.0で撮ってみました。北部山岳地帯で真っ赤になってきたため市街地はたぶんこれからですが天候を考えると撮影できる期間は一瞬です。
一本だけ紅葉
 観光パンフレットのようにそろって真っ赤になっていることは少なく、まだら模様になったり写真のように一本だけという場所が多いです。本気で真っ赤になった状態を撮りたかったらそれなりの場所選びや観測が必要と思われます。行き当たりばったりではこのぐらいが限界かも。
 聞いた話では紅葉は木の手入れもかなり重要な要素らしく、道路沿いなどよりは人手が入った民家の庭や拝観料が必要な場所の方が美しく紅葉する可能性が高いそうです。
 たとえまぐれでも瞬間でできるだけまともな写真を撮影するため微妙にTG-2の設定を変えています。

圧縮モード ファイン
暗部補正 オート
AF方式 スポット(オートにするとどこに行くか分からん)
測光 ESP(こっちはスポットにすると周辺が白く飛ぶ)
デジタルズーム Off
手ぶれ補正 On
(中略)
撮影確認 Off (連続撮影には確認なしの方が速い)

ハイテク機器は使いこなすのも大変です。

Prius ODD Meter 271172km.