Kindleストアについて

 先にハード(Kindle Fire HD)を注文してから何のソフトを買うか調べました。「Kindleストア」オープン 紙の本より「○%オフ」の“Kindle価格”表示 アプリ日本語版も公開(ITmedia)によると、

角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、集英社、小学館、新潮社、文藝春秋など

とあり、まずぱっと見で秋田書店、芳文社、技術評論社、CQ出版社、日経、JTBは無いらしい。ようするに『ばくおん!!』や『けいおん!』、『Software Design』、『トランジスタ技術』、『るるぶ』は出ません。業界紙とか部数が出ない方が電子書籍の効果が大きいと思うのですが自前で売るつもりなのか怪しいです。
 後日追記)12月半ばぐらいに秋田書店はKindleストアに参戦してきたようです。『ばくおん!!』はありませんが、『弱虫ペダル』などが購入可能になっています。
 分析ではKindle Storeオープン、出版各社の対応に大きな変化(MM総研)が詳しく価格比較表も載っています。まだ様子見感が強いのが現状です。年末と年度末商戦(Kindleの発売予定日はあからさまなクリスマス商戦狙い)でどう動くか要注目です。
 と、たまには車から離れた記事でした。
 後日追記)日経新聞の
特集:遅れてきた「電子書籍元年」 キンドルが開けた「パンドラ」 競争が崩す商慣習(日経新聞)
によるとキンドルストアの価格は二通りあり、出版社が値段を決める代理店モデルが

講談社、集英社、小学館、文藝春秋、光文社などの大手出版

で、Amazonが値段を決める卸売りモデルが

角川グループ、新潮社、ダイヤモンド社、NHK出版、幻冬舎、PHP研究所、朝日新聞出版といった多くの出版社

らしい。自分とこ(日経BPとか)棚に上げているような気もしますけど少しわかったのでいいかな。出版社が値段を決める代理店モデルには独占禁止法違反となるリスクもあるらしく今後どうなるか注目です。
 これまでにも電子書籍の販売自体はあった(10年ぐらい前だかに何度か買ったこともあるような気もしますが絶望的な使い勝手の悪さで一ストア一度きりの記憶しかありません)のですけどこれまで騒ぎになるのは初めてかもしれません。動きそうです。