オイル交換(155000km)

 ちっとも消化が進まない有給休暇でしたが予定びっちりで忙しかったです。プリウスのオイル交換へ行きオイルは新しくなりましたが、同時に依頼しようと思っていたREGNO GR-XTのローテーションは断念しました。7/29のローテーション時に書いたとおり、前回で最後となりました。先週で下の写真の状態でさらに前後ともに摩耗が進みローテーションしたところでスリップサインまでのマージンが少なすぎて寿命を伸ばせないためです。
 REGNO GR-9000が2セット使用して21878km, 20208km保っていたのに対しGR-XTは16000km程度でスリップサインに達する見込みですので寿命は短くなっています(今年の夏が暑かったのも一因だとは思いますけど)。全タイヤに対する値上げも考えるとコストパフォーマンスがかなり悪化していています。街乗り中心で乗り心地や静粛性最優先でなければ使えません。人を乗せると好評ですが90%近く一人で乗っている私の車では割に合わなくなっています。
約15000km/3.5ヶ月走行後のGR-XT
 この写真の状態でもきちんとグリップして乗り心地が確保できているあたりはさすがです。塗装面などで鳴きやすいのと濡れた路面では新品と比べると滑ります。それでも乾燥路ならばスタッドレスと同程度以上の性能は残っていると思います。公道では試せませんけれどもREGNOのコンパウンドならば溝ゼロでもそこそこ走れそうです。溝やパターンに頼ってウェットグリップを確保している普通のエコタイヤではまともに走れない可能性が高いと思います。スポーツタイヤについてはズルズル状態でのレビューもたくさんありますがエコタイヤが摩耗するとどうなるかは今ひとつ?です。
 安全第一でローテーションしないという結論に達し次のタイヤの見積もりを出してもらって発注しました。次のタイヤをどうするかかなり悩みましたけどREGNOは高価な上に都会向きで悪路に対しては向かないため全く違うタイヤにします。

Prius ODD Meter 155414km.