カローラアクシオレンタル(1/5~1/8)

 プリウスが車検と修理で入庫になってしまったため代わりの車を借りました。

 ZVW30(最新型プリウス)のスタッドレス付きを希望してレンタカー屋と交渉したのですが急に依頼することになったのと3連休が邪魔で「スタッドレス付きはカローラの喫煙車のみ」ということで仕方なくカローラとなりました。

 昨年七尾で借りたのと同型のカローラアクシオ1.5L CVT (DBA-NZE141-AEXNK)で私と縁がある1NZ-FEエンジン搭載車。なぜかレンタカーでは珍しいほぼ黒のグレーメタリック(1G3)でした。車幅がNHW20よりも小ぶりで5ナンバー。視界(特に後方)が圧倒的に良く扱いやすい車です。喫煙車なので当然のようにヤニくさいのが問題で会社の売店でファブリーズを調達して下りた後に大量に噴射しておいたら大分マシになりました。
 ただ、NHW20プリウスの運転席に完全に慣れてしまったため、足踏み式パーキングブレーキ空振り、シフトレバー空振り、サイドブレーキ解除し忘れたまま強行発進、マップライトも空振りと操作感の違いはかなり戸惑いました。モーターが無いので当然なのですが0~30km/hの低速トルクもさっぱり。ナビ画面はやはり消してます。インパネの照明を減光したかったのですがやり方分からず。ハンドルを切るとインパネの照明がハンドルで隠れてチラチラするのが気になりました。この点はプリウスのようにダッシュボードに計器がある方がいいです。あと、今の季節水温計は邪魔なだけ…。ダイヤル式エアコン操作はタッチパネル液晶よりも操作しやすくカローラの方が良かったり。プッシュボタンスタートではなく鍵を回してセルモーターで始動する&アイドリングストップしないのも妙に安心感があったりします。
 シャーシの主要パーツはNHW20と共用なので走り心地は大差なく重量バランスのためか後ろのバタつきが若干おとなしい程度でしょうか。大きな違いとしてはアクシオには回生ブレーキが無いのでブレーキの感覚が違うのとパワステがプリウスよりも軽い(電動らしいが違和感が少ない)ので狭い路地が多い市街地で楽でした。
 肝心のスタッドレスはどういう縁か昨年春まで私のNHW20プリウスで使っていたBLIZZAK REVO1でした。REVO1は2008年生産、8分山残り、ぱっと見走ってない、というか凍結路をガッツリ走るというより保険で付けているという感じでした。低速トルクがショボイ1NZ-FEと静止摩擦係数が高く出だしが鈍いREVO1のコンボでスタートはもたついたりふらついたりしましたけど 30km/h以上出れば山道でもスイスイ走りました。1/7は雪が深く仕事が長引いて出発するのが遅くなったため深見手前で撤退しました。
 本来は1/9日いっぱいまで借りる予定でしたが前の日記のコメントで書いたように私のプリウスの修理が工場の都合でできず連休中は帰ってくることになり駐車場を開けるためレンタルカローラは1/8で返却しました。
 レンタカー店舗での話ではごく少数だけスタッドレス装備ハイブリッド車(インサイトなど)も配備されているらしく事前に予約すれば借りられるようです。
 普段はトヨタレンタカーさんから借りているのですが今回は急な予約だったため確保できずニッポンレンタカー西大路三条店(24h営業)となりました。車両自体の整備状態は問題ないのですが比較すると値段が高いのとナビ(リヤカメラ無し)などの装備面がトヨタと比べてショボかったです。