エキゾーストテールパイプ取替つづき(排気音、寸法)

 NHW20プリウスの純正マフラーと社外マフラーのエンジン始動時排気音比較です。テールパイプ直近で撮っているためかなり大きく聞こえます。逆にいうと直近で撮らないと比較できないぐらい両方とも小さく離れると周囲を走る他の車などの騒音を拾ってしまいます。少なくともディーゼルのバタバタ音や原付の加速音には負けてしまいます。走行時のエキゾーストノートを聞こうと思っているのですが連休で車が多くトンネルの中でも他の車の音で中々上手く聞こえていません。動画に入り込んでいる私の足音や鳥の鳴き声が相対比較対象になるかも。
GANADOR PAE-028新品(MT-10注入前)
NHW20純正エキゾーストテールパイプ_13.8万㎞走行後
 GANADOR PAE-28の方が明らかに低音が強く響いていますが耳障りな高音のノイズは無くなっているため測定器に掛けても大差は出なさそうです。動画後半に停車状態(Pレンジ+パーキングブレーキ)でアクセルを踏み込んで2600rpm付近まで空ぶかししていますが自動的に回転数が下がるようで回転数アップダウン時の違いが分かります。ちなみに、MT-10注入前後で排気音を撮ってみましたが聞いて分かる違いはありませんでした。
 反対から外観の違いを比べた写真も撮ってみました。
GANADOR PAE-028新品
NHW20純正サビサビ
 全長はPAE-028の方が長いですけど最低地上高がほとんど変わらないよう高さ方向には配慮されています。また、サイレンサー本体はPAE-028の方が小型です。雪の壁につっこまないよう注意すればいい程度でしょうか。かなり前に名神だったかの高速PAで高そうな社外マフラーを付けたハイエースがバックで駐車しようとして縁石にマフラーをぶつけて空き缶のようにグシャグシャと潰しているのを目撃したことがあるのでちょっと心配していました。

Prius ODD Meter 139050km.