エキゾーストテールパイプ取替

 ふと気になってほったらかしだったマフラーを見てみると錆びだらけでボロボロになっていました。特に爆音になったりはしていないので穴が開いているわけではありませんけど時間の問題かと思い社外品を注文していました。PAE-028 20系プリウス マフラー P.B.S搭載 オーバルテール右ダブル出し(http://www.ganador.co.jp/products/pasion/pae-028.html)という商品です。
約13.8万km走行してボロボロ
 午前中に京都トヨペットへ行き交換してもらいました。当然ながらピッカピカです。ステンレス製なので錆びにくいと期待しています。
GANADOR PAE-28ピカピカの新品
 取り替えてみた感想は思ったよりもずっと大人しくこれが普通と説明しても違和感がありません。もう少し目立つかと思いきや太鼓の部分は純正よりも小さく、テールパイプがバンパー下からはみ出る位です。
パイプ内部に細かいフィンが付いています
期待していたよりも地味
 メーカーのページには音量が+5dBと書いてありますが劣化してボロくなると純正でも同じぐらいになるようです。若干低音が強くなった気もしますけど近くを走っている他の車や原付の方がうるさいです。あえて変わったと思う点を挙げればエンジンが吹け上がる一瞬は結構大きな低音が車内に響きます。(車外は大したことない…やっぱり純正劣化してた可能性大)
 今日撮った動画では雨音が乗っていたので排気音の比較は後日載せます。排気音といってもプリウスの場合はエキゾーストノートというよりは単なる騒音ですけど。DSC-TX5でざっと撮った感じでは新品の方が高周波音が減ってマシです。
 パワーアップとか燃費とかわざわざ説明書まで同梱されていました。しかし、私としては20万km位腐らず壊れずできるだけ美しい状態を保っていれば満足です。ステンレスといえど潮風や融雪剤にさらすので厳しいかも。燃費走行で多用する2000rpm以下ではそもそも排気自体が少なく(排気圧が低い)効果無しというのが資料でも分かってしまうので効果が出るとしたら登坂路が多い山岳路や高速道路でしょうか。私はブン回す方だと思うので効果が出るかもしれません。
 新旧の写真を並べるとボロボロにした純正(当然廃棄)の方がインパクトがあると思うのは私だけでしょうか。もう少し手間を掛ければ保ったかもしれません。
 取替作業待ちの間に展示車両を見ていたところヴァンガードのテールパイプは黒く塗装され目立たないように処理されていました。細かいですけど気が利いています。

Prius ODD Meter 137922km.