スタッドレスタイヤGARIT GIZへ交換、BluEarth AE-01F *4本廃棄、TWS Airverde *2本廃棄

 朝一の予約が取れなかったため昼前に混雑していた京都トヨペット七条本店へ行き自宅に保管していたスタッドレスタイヤGARIT GIZ+純正スチール*4本に交換しました。天気が悪く雨の中タイヤを積み込むのは面倒でした。夏タイヤは既にボロボロのため4本とも廃棄、軽量アルミホイールもそろそろ限界と判断し2本廃棄を依頼して昨秋に購入した純正スチールホイール2本だけを持ち帰りました。
近況
 BluEarth AE-01Fは前(製造番号3414)2本が30247km使用、後(同2414)2本が36277kmとこれまで最長のECOPIA PZ-XC 31044kmの記録を大幅に塗り替えました。夏タイヤを1セットだけで走破したのは2009年のREGNO GR-9000(21878kmで摩耗限界)以来6年ぶりです。ここ最近はパンクやバーストなどトラブルが続きタイヤ維持に掛かる費用が半端ではなかったためBluEarth AE-01Fの耐久性能については大変満足しています。が、摩耗してくるとAE-01Fの騒音・振動はかなり酷くなるようで安物スタッドレスのはずのGARIT GIZの方がずっとマシで快適になりました。
先週時点でのAE-01F(3414)
内側のスリップラインがギリギリです。前輪はショルダーの溝が無くなりました。洗車機に掛けた後の乾き方でコンパウンドの特徴が少し分かります。このタイヤの場合は側面は撥水(はじいて水玉ができる)でトレッド面は吸水(にじむ)するようになっています。

Prius ODD Meter 363109km.