通信ナビ自動渋滞回避失敗

 GWというわけで見慣れない車がたくさん入ってきています。通信ナビの本領発揮で渋滞回避の指示が出たため国道から府道(少し狭い)に迂回しようとしたところ前からやってきた対向車の方が大声で「通れない!!」と先行車に叫んでいて私も窓を開けて待機し「ダメ?」と聞いたところ同じ回答。最近こんなのばっかりだ…。
 原因までは聞けませんでした。今年になってから一度はスタッドレスで通れた場所でVICSにも情報が無いので災害では無く、事故か故障で車両か何かが塞いでいるか?とも思いました。過去に長岡か向日の狭い住宅地でも落輪した車がいて対向車から引き返し依頼があったような。何にせよ転回にスペースが必要な3ナンバー車で原因を確かめに行くのも迷惑な話なので民家の軒先スペースをお借りしてギチギチ方向転換。迂回&待避走行続きで撤退に慣れてしまいました。狭隘区間に車が詰まってしまうともっと不味い(沿線住民の方にまで迷惑が掛かる)ので引き返せる最短の場所で転回しました。
近況、迂回途中にて(狭隘路の入り口ですが前述の引き返し場所からは離れています)
 どうあれ多重事故は防がなければならず、慎重に引き返し念のため高速で迂回することとしました。約1時間の迂回と予定外の高速代390円が余計にかかりましたが事故処理やバーストよりはずっとマシです。
 そうそう、昨年の京都第二外環状道路(沓掛~大山崎間)開通までならば沓掛ICで渋滞していた時間帯でしたが京都市街のR9も思ったよりスムーズに流れて高速新区間開通の効果は大きいと実感しました。新区間を使えば、大山崎から名神、京滋BP両方へ行けるため滋賀(経由で名古屋/東京方面)・大阪両方に対してバイパス効果が出ているようです。

Prius ODD Meter 295190km.