ドライブマン720Sとの干渉確認

 久しぶりにドラレコネタ復活。以前コメントをいただいた方のドライブマンは、他の機器にノイズ等の悪影響を与えないという記事をみて、何も考えずに付けた直後に京都から瀬戸大橋経由で高知県まで走ったのは不注意だったか?(結果的には特に問題なかった)と思いつつも、京都トヨペットでの購入&取付なので動かなければ料金所の空きスペースで停めさせてもらって電話をするまでとも思ったり。
 私が使っていてETCはもちろん、AM 1620kHzハイウェイラジオ、NHK R-1 (主に大阪放送666kHz)、FMではαステーション(89.4MHz)、NHK-FM(京都82.8MHz)、ゴリラプラス(GPS+ジャイロセンサ+FOMA)、GPSレコーダー(M-241)等との干渉は見つかっていません。AMラジオの低い周波数帯はどちらかというとTHS2と干渉します。
 近畿道での復路でハイウェイラジオをDVH-P560で受信したままで本線料金所のETCゲートを通過した画像がドライブマン720Sで撮れていたので載っけてみます。
ドライブマン720SとETC、路側放送との干渉確認
 この動画での問題点はドライブレコーダーの干渉がどうのよりも、ETCゲート手前で先行車両が左へ離脱した後、反射的にエンジンを回して空きスペースを埋めに行っている点です。ゲート直前で再度ブレーキを踏んで燃費を悪化させています。再加速時のエンジン排気音がばっちり入ってます。また、スリップ警告灯が断続的に点滅している(雨+段差や鉄板でBluEarth-1が滑ってる)のもフロントガラスへの映り込みで分かります。REGNO GR-XTではこの程度でのスリップは無かったと思うのでやはりウェットグリップの違いか。

Prius ODD Meter 189429km.