茶柱倶楽部 1

 食べ物関連の漫画はたくさんありますが日本茶は初でなんとなく買ってみました。行く先には茶柱が立つ主人公が悩みを持つ客に移動茶店で様々なお茶を出して解決するのが基本パターン。表紙は無難な絵になっていますが各話ごとに主人公の決めポーズというか決め表情(?)があります。
 一話は父親の「そんなに茶が好きか」に対する一ページブチ抜きの回答
 二話は「お詫びに一煎入れました」
 三話は帯の裏側にも載っていてこの漫画の特徴を示す最後の一滴を落とすコマ
 普段何気なくお茶を飲んでいますが飲食店のキーワードだと思う「おもてなし」についても描いていたり期待以上の内容でした。かなり癖がある京番茶に出番があるのか?どう紹介されるかが楽しみでもあります。