日経ビジネス2009.6.29

 なんだかんだであっという間に6月も終わり。ざっと読んだだけでレビューを書く暇もなく積み上がった古雑誌を直近2誌と特に読み直したいものだけ残して全て処分しました。たまに封も切らずに溜めている人を見かけますけど雑誌類は発売日直近で読まないと意味がない記事が多いので私は少なくとも開封してパラパラと見るようにはしています。学生の頃は図書館が購読していたので届く日を狙って行っていた記憶があります。特にNEで最初の開発ストーリーが連載されていた頃。
 今週号は表紙に「中国市場 勝ち組2割」とあるのでどんな企業が2割に入るのかが気になったのですけど2割の数字が出てくるのがコンサルティング会社の方の利益を出せる日本企業は10社中2社程度という推測のコメントだけのようです。この数字の根拠が知りたいんですけど見あたらない。もう少しタイトル考えて欲しいです。正直読む暇が無ければタイトルと写真、図表位しか見ないわけでタイトルが貧弱では読む気もしません。
 企業紹介はホシザキ電機、カカクコム、ミツカワ。ホシザキ電機は電機と社名にあるものの厨房機器メーカー。カカクコムが連結売り上げ100億円近い企業だったとは知りませんでした。飲食店探しで重宝してます。サッカー日本代表のユニホームはアディダス製(三本線マーク)なので生地も海外製だと思ったら越前市に本社を置くミツカワがニットを供給しているとのこと。
 ひさびさに養老孟司名誉教授の書評が載っていました。以前も書きましたが名誉教授の書評が非常にうまい。本の内容や評価(というか主張に近い)が短い欄内にぴたりとまとまっています。