プリウスタイヤ交換、オイル交換

 気温が急上昇したのとスタッドレスタイヤの摩耗が進み雨天では前輪が滑り出したのでタイヤ交換とオイル交換をしました。前回オイルフィルタの交換を忘れていたので1万km近くぶりの交換になりました。
 摩耗が進んだブリザックと比べてまだ新品のレグノの方があからさまに走行音が静かになり操縦性も格段に良くなりました。レグノの方が横滑りや左右のブレがずっと少なく、直進時もブレーキの微調整がしやすいです。
 オイル交換はいつもよりも早い3600kmぶりぐらいでしたがフィルタを替えた以外にも冬場は速度が出ていなくてもバッテリの出力低下や暖房の熱源としてエンジンが良く回るので交換後に音が静かになりました。
 あと、新型プリウス(ZVW30)の営業があり、先行販売のパンフレットをいただくと共にスタッフマニュアルを見せてもらいました。気になるのは今乗っているNHW20と同じSグレードで車幅が+20mmと重量が+90kgという点。高級化、大型化して燃費を含めて性能は上がっている(それで値段据え置き!と強調された)ようなのですけど私が置いている駐車場や周辺の住宅地の道路が狭いため取り回しの悪化は気になります。地味に良くなっている点では「低温時の廃熱利用による燃費改善」と「リヤブレーキのディスク化」です。
 残念なのが宣伝されていた太陽電池パネルが走行用バッテリの充電には使えず車内の換気用という快適装備だった点と操舵角によってヘッドライトの向きを変える配光可変型前照灯システム(インテリジェントAFS)が無い点です。
 カタログだけで既に注文を出されている方もいるようですけれども私は少なくとも乗り心地(サスペンションのセッティング)や内装、荷室の積載量などを実車で確認しなければ注文は出せないので具体的な値段等の話はしませんでした。
 何よりも今のNHW20が好調で気に入っているため手放すのが惜し過ぎるため新型が良くても乗り換える気はしません。どちらかというと2.0L以上の燃費が悪い車に乗っている方に受けそうです。

Prius ODD Meter 59093km.