東海北陸道全線走破

走行距離643km
 ようやく完走しました。
 長いこと走りたいと思っていたものの土日午前中は寝まくってしまい一気に走れなかった北陸道→富山(小矢部川→城端)→五箇山→白川郷→東海北陸道→一宮→名神で一周するルート。
 今の高速千円ではこれだけ走っても1300円!のビックリプライス。燃料代の方が高い。
 京都東から名神に乗ろうとしたら渋滞が酷く南まで引き返して敦賀まで下道のいつものルート。敦賀からロスタイムをリカバーすべく追い越し全力走行(燃費無視)で飛ばしました。その結果、最近給油をサボっていた影響もあり尼御前SAで給油しなければ帰れない計算となり高い料金を払って給油。5000円飛びました。
 ハイオクを入れるプリウスは珍しいのか給油所の方(レシートのキャプテン欄にチェックを入れていたので店長さん?)から燃費やらハイオクの効果について聞かれました。私がハイオクに期待する効果はアンチノッキングです。
 尼御前を出て晴れ晴れとした空を見上げるとJALの旅客機(たぶんB-767)が小松に着陸するところがこれまでになくハッキリ見えました。
 そんでもって小矢部川SAで休憩して東海北陸道へ。SAの駐車場ではなぜか隣が豊田ナンバーの新型白プリ、斜め前が新型銀プリ…プリウス率高すぎ。
 城端SAは本線からSAまで結構距離があり、クアハウスや売店がコンビニ+トイレとまた別というややこしい作りになってました。今日は走りきるのが目的なのでさっさと出発。五箇山、白川郷のあたりはトンネルと渓谷が続き日本一の橋脚高118mを誇る鷲見橋、高速道路の標高日本一(1085m)ととんでもない区間です。
 白鳥から京都南まではスキーと九頭竜湖強行で通算2度ほど通っているので真新しさはありませんでした。
 非常に効率の良いルートを通っているようで思ったよりも距離は短く城端SA→自宅の距離がナビ上で300kmちょうどでした。

Prius ODD Meter 111321km.