DVH-P560 AMラジオ放送局登録

 AMといってもバンド1で登録しているのはNHK R-1のみ。近畿圏の大部分は大阪の666kHzが入ることになっています。それでも山岳地帯などで届きにくい地域には別の周波数で放送されているらしいです。実際には666kHz, 621kHz以外は聞いたことが無いです。まれにトンネル入り口に周波数が書いてあるのですが設定したことが無いので受信可能範囲を調べてみようと思いつつ放置すること早何年。
 DVH-P560で登録する方法は簡単で1から6のいずれか1つのボタンを長押しするとその時点で選局している周波数が押したボタンに登録されます。
 AM-1へ登録したプリセットメモリー(NHK R-1)
1: 666kHz 大阪(100kW)
2: 621kHz 京都(1kW)
3: 1161kHz 豊岡、小浜、田辺
4: 1026kHz 福知山、敦賀
5: 585kHz 舞鶴、古座
6: 1584kHz 香住、三方
 AM-2登録めも
1: NHK R-2 828kHz (大阪300kW)
2: KBS 1143KHz (久御山20kW)
3: MBS 1179KHz
4: ABC 1008KHz
5: OBC 1314KHz
 コマンドめも
<>1回押しで9kHzシフト
<>ボタン長押しで自動選局
1~6を長押しでメモリ登録
 ストリーミング放送がどうのと言われてていますけど、昨年の震災時もAM放送で聞いていました。IPストリーミングが便利なのはニュースや実況よりもR-2のNHK語学番組 | 実践ビジネス英語など即時性を必要としない番組だったりします。