ECOPIA EP001S評価続き

近況、EP001S仕様
 PROXES R1Rからカタログ上195幅のタイヤを使っています。195/65R15は本来ZVW30以降のプリウスで使うサイズで185/65R15が標準のNHW20用としては10mmだけ大きいサイズとなります。同一種類で違うサイズというタイヤは使ったことが無いので次の冬に値段差が許容範囲内ならばGARIT G5 185/65R15と195/65R15の比較をしてみようかと思っています。スタッドレスはTOYO GARIT G5(現在3セット目を保管中)から変えるつもりはありません。
 サイズの違いとトレッドパターンの違いがGR-XTとEP001Sの差になるようでコンパウンドの質は恐ろしく似ている(ほとんど同一組成?)と思います。両方とも冷えた状態で良く食いつき加熱するとイマイチです。早期摩耗と燃費悪化を警戒して北陸道での追い越しはほとんどしませんでした(ついでにツイーターHPFの様子も見ていました)。騒音に関して荒れた路面で一気にうるさくなるのはGR-XTもEP001Sも同じで程度から言うとEP001Sの方が酷いです。ただ、高速での横グリップに関してはサイズが効いているのかパターンか両方かは分かりませんけどEP001Sの方がいいです。雨が降ってきても特に滑る傾向もありません。
 EP001Sでの走行距離はまだ1000km程度と少ないですけど、横グリップとウェットグリップに関してはBluEarth-1(AAA-c)よりもEP001S(AAA-a)の方がいいです。ラベリングのウェットグリップaとcの差は思ったより分かります。GR-XT(A-b)と比べると微妙。で、AAAとAの差はBluEarth-1では結構露骨(+10%超過)でしたが、EP001Sは伸びません。サイズがでかくなって出だしだけに関して言えばGR-XTの方が軽かったかもしれません。ZVW30に対して極端にチューニングされているのかパワーが小さいNHW20では発進加速で稼ぎにくくなっています。BluEarth-1同様に空気圧を上げて実質的な接地面を減らして対応するかもう少しペダルワークで粘るか考えています。
 少なくとも燃費だけに関してはBluEarth-1の方が良さそうです。ただ、安全面から言うとEP001Sの方が少しだけ無理が利いて楽なので公道ではどっちもどっちというか使い方次第。ブリヂストンさんの信頼性、グリップ性能、乗り心地、静粛性に対するトータルでのバランスは他のブッ飛んだタイヤと比べて非常に優れています。ただ、尖っていない分だけ評価はしづらくなっています。

 REGNO GR-XTと比べるため似た感じで撮り直してもトレッドパターンを出すのが難しく苦戦中。
EP001S 195/65R15
REGNO GR-XT 185/65R15(2011.5.14撮影)
 ぱっと見で極端に幅広になった感じはありません。強いて書けばサイドの出っ張りがEP001Sの方が若干あります。
EP001Sアップ
新品なのですけど横から溝があまり見えないので摩耗に対する不安を感じます。

Prius ODD Meter 210426km.